サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

イノセントワールド みんなのレビュー

  • 桜井亜美
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

イノセントワールド

紙の本イノセントワールド

2002/07/15 16:49

心が痛い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:郁江 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 桜井さんの作品は読んで楽しいという作品ではない。読んだ後 胸が痛くて なんだか泣きたいような気持ちになる。このイノセントワールドもそんな作品だ。イノセント…純粋・無垢という意味をもつ言葉。10代の頃は誰もが持っていた気持ちだけど、なんでだろう年を取ると共に無くなっていくんだ。強い感受性が失われて 全てのコトに慣れてしまって 新鮮な驚きとか 喜びとかが無くなっていくんだろう。
 だけど この本を読むと 少しだけ青かったあの頃の気持ちが甦る気がする。純粋が故に傷ついて涙したあの頃に…感傷的な気持ちになれる1冊。もう1度10代のあの頃に戻りたいとは思わないけど、こうして思い出してみるのもいいかもしれない。あと何かに悩み傷ついている 10代の貴方 大丈夫だよ 案外人間タフにできているから。何年かたてば なんだって笑い飛ばせるようになります。心の傷もかさぶたみたいに いつのまにかに治っていて キレイに剥がせる時がくるんだから。    

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イノセントワールド

紙の本イノセントワールド

2002/06/10 17:32

少女小説。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少女小説だと思った。無理解な大人、それに反抗する少女、穢れた純粋無垢──。決して新しいものではなく、特にここ数年はこの手のもの(登場人物の名が片仮名とかも)が多くて、それが何でもかんでも純文学の証かのような風潮にはいささか閉口している。既にジャンル化している感もあるが。本書はともかく、最近の「文学界」などの応募作は、そうしたものばかりなのだろうか? 今の世の中、性や暴力を派手に書いても、もう「新しく」などないと思うが。
 現実を舞台にしていても「非現実的」だったり、大人の描写が薄っぺらなのも少女小説らしい。十七歳の少女(頭が良いという設定だが)の一人称にしては、堅い熟語表現が多用され、不自然ではあるが、そこが良いのかもしれない。文章は誌的だ。蜷川実花氏の写真は素晴らしく美しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示