サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 14 fourteen
  5. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

14 fourteen みんなのレビュー

  • 桜井亜美
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

14

紙の本14

2001/12/06 02:37

文体とテーマとの幸福な出会い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(ナツ) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実を言うと、私は桜井亜美の殺伐とした文体があまり好きではなく、どうしても彼女の小説を読み通せなかった。しかし、私はこの作品を一気に読んだ。そうせざるをえないような力が、この作品にはみなぎっていたのである。

 本書は、かの酒鬼薔薇聖斗事件を題材にしている。桜井亜美はこの作品で、酒鬼薔薇少年の内的世界を(むろん、フィクションとしてであるが)想像力を駆使して大胆に構成してみせた。これは、まさに離れ業である。本書が成功作たりえた一番の理由は、おそらく、自分にとってだけの神を戴いて猟奇殺人を犯した少年の内面という(一歩間違えば単なる際物で終わってしまいかねない、ある種危険な)テーマと、桜井亜美の文体との幸福な結びつきによるものではあるまいか。

 桜井亜美がこの作品で示した新境地を私は忘れないだろう。そして私は今、彼女が再びこの作品のような傑作を書く日を心から待ち望んでいるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

14

紙の本14

2008/02/17 21:42

秀逸な結末=批評

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

現実世界の出来事を小説化すること、それ自体は決して珍しいことではないし、ことにそれがセンセーショナルな事件であれば、ままある話ではある。本書『14』もまた、「現実世界での少年犯罪をモチーフににした小説」という紹介を免れるのは難しいが、解説で芹沢俊介が「わかりやすく」本書を顕揚するのとは別の意味で、確かに『14』は傑作に違いない。とはいえ、あらかじめ述べておけば、『14』の最大の欠点は、その「わかりやすさ」にある。これを読むと、この事件が世間ももたらした衝撃は、因果律によってほどよく薄められ、それは満足のいかない境遇にアイデンティティの危機を感じた少年が、(いささか特殊な回路を経てではあるが)自己実現を遂げるまでの物語へとパラフレーズされてしまっている。しかし、にもかかわらず/それゆえに、本書の核心もまた、その「わかりやすさ」とは無縁でない、結末部に集約されている。というのも、今事件を振り返り、また、この小説を読めば、それは見事に社会領域を消失させた上で「少年」が「世界」と戦う「セカイ系」に他ならないのだが、その命脈とは、いかにそれが古典的であろうと、最後にはアイデンティティ(とその同定)こそが主題であり、その意味で『14』はそれを端的に、結末部で鮮やかに示した小説なのだから。それは、文字通り結句にあたる、次の台詞に極まるところのものである。

「そうです。僕が、酒鬼薔薇聖斗です」

これは、警察で反抗内容を問われた際の返答だから、その意味でズレていえるのは明白なのだが、それは同時に、ダイドウカズキにとって、犯行が二次的な目的でしかなかったことを批評的に照らし出してもいる。ダイドウカズキにしてみれば、警察こそは、彼を一連の犯行を行ったあの彼なのだと同定しようとした最初の他者であり、上に引用した結句=台詞は、待望の、他ならぬ自分自身への呼びかけへの応答であり、それがいかに非社会的なものであろうと、ここにダイドウカズキのアイデンティティは回復されたのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

14

紙の本14

2002/07/20 19:53

SCHOOLKILL

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あの酒鬼薔薇聖斗事件をモデルにした小説。本当にあの事件の犯人はこう思っていたのではないだろうかと思ってしまうほど、著者の視点はすごい。
 カズキの妄想の世界の友達BJ。彼との合体の姿が酒鬼薔薇聖斗だという。腐ったキャベツは処分しなくてはならないという。
 あの事件の衝撃が大きかったのとともに、またしばらくたってこの本を読んでみて、やはりまた大きな衝撃を受けずにはいられない。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

14

紙の本14

2002/06/02 18:27

仮想現実

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヲト - この投稿者のレビュー一覧を見る

周りのものをゲームとしかとらえられない、そうすることを余儀なくされる状況にあった主人公。だからといって彼のやったことは彼が自分より弱いとみなした年下の男の子に向けられた暴力であり、罪の無い一人の人間を殺し学校の校門に首を置いたということを擁護するつもりは毛頭無い。だけど、せめて彼の母だけでも最後まで彼の中で母であったなら何か変わったかな、とちょっと思った話。

有名な酒鬼薔薇事件がモデル。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示