サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

講談社コミック ポイント最大50倍CNP(10/23~26)

電子書籍

インターフォン みんなのレビュー

  • 永嶋恵美
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

インターフォン

紙の本インターフォン

2011/11/24 12:54

団地を舞台にした、ありそうでなさそうな、 でもありそうな短編集。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の永嶋さんといえば『泥棒猫ヒナコの事件簿』シリーズ。
カラッと爽快!痛快愉快!!な切り口がたまらない。

しかし永嶋作品の多くは、同シリーズとは違い
どちらかというとどんより。
そしてねっとり。
湿り気を帯びているものばかりだ。

そして本書もしかり。

団地という閉ざされた世界を舞台に、
近隣住民や家族、学校でのおはなしが展開される。
その内容には時に倫理や犯罪に触れるものも…。

どのストーリーもあり得そう。
でも実際は、なさそう。
でももしかしたら…あり得る。

そのあたりの微妙さが巧い。

文章は淡々としているので
読んでいて嫌悪感は抱かない。
逆に、文章にも湿り気があったら
こうさくさくは読めないかな。

でもその代り、ガツンとくるものはないけれど。
もうちょっと貪欲でもよかったかも。

と、いつものないものねだり。
一番欲深いのはわたしかも。




『インターフォン』収録作品
・インターフォン
・妹
・隣人
・団地妻
・非常階段
・追い剥ぎ
・梅見月
・小火
・花笑み
・迷子

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示