サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品最大20%OFFクーポン(1218-21)

修正:全商品最大20%OFFクーポン(1218-21)

電子書籍

情人 みんなのレビュー

  • 花房観音
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

情人

紙の本情人

2017/01/31 07:53

「情人」とはどんな言葉か

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

広辞苑に「恋人」はもちろん載っている。「恋しく思う相手」とある。
 では「愛人」はどうか。これもある。「愛する人。恋人」とある。または「情婦・情夫」とあるが、どうも現在使われているようなニュアンスの説明ではない。
 本作のタイトルの「情人」はどうか。あまり使われないので載っていないと思っていたが、あった。「じょうじん」または「じょうにん」と読む。
 「意中の人。恋人」とある。「または、情事の相手」とあるではないか。
 ようやく、たどりつけた。

 花房観音のこの作品にはこう書かれている。
 「情欲でつながっているのだから、この男は私の情人だ」。
 けれど、読者は主人公である笑子の男を求める感情が理解できるであろうか。
 何故ならこの男はかつて笑子の家族を棄てた母親の「情人」でもあったのだから。
 そのことが明らかになったのは、1995年の阪神大震災の時。
 行方のわからなくなった母親は男の背におわれて笑子たちのもとに戻った。
 おそらく、「揺れる」感覚でつながっていたのだろう、花房はそれに性の揺らぎのようなものも意識したかもしれないが、2011年の東日本大震災の時、同じ男に組み敷かれていたのは笑子だった。
 この時、男は笑子の「情人」だった。

 男に魅かれる物語を書くとしたら、その男に女たちが吸い寄せられるような魅力をどう表現するかが大事になる。
 花房のこの作品でいえば、残念ながら、笑子が母親を嫌悪しながらもそれでも魅かれるだけの魅力をこの「情人」には感じられなかった。
 残念である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示