サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

不良少年の文学 みんなのレビュー

  • 山川健一
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

不良少年の文学 Blessed poison

文学は世の中を変えていく。人殺しをしても世の中は変わらない。本当の不良少年達はこの本のなかにいる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:廻由美子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読み終えて本を閉じた。
 ついでに目も閉じちゃったりして。
 体の芯から勇気がフツフツと湧いてくるのが感じられる。
 今読んだ言葉が頭の中でグルグルとまわっっている。

 ある時代にある場所で花開いた才能。
 それは闇の中で輝き発光しながら後に続く才能を呼ぶ。
 異端だった不良少年たちの地域をこえた精神のリレーなのだ。
 そのリレーに自分達だってなんとか連なることができるかもしれない。
 「やれることだけをやればいいのだから。行けるところまで行けばいい。そこで倒れて、未来の才能にライトを掲げてやればいい。」

 このような言葉を言ってくれる人が他にいるかしら。
 こんな風な考えに至った人が読んだ本を、そして聴いた音楽を我々も知りたいではないか。
 この本の中には山川氏の血となり肉となった本や音楽が感動的な言葉とともに紹介され評論されている。
 作家やミュージシャンというのは体を張った職業である。そういう人が本気で言った言葉は、強い。
 文学評論とはこうでなくっちゃあいけないね。
 これぞみんなを文学に向かわせる最高の方法である。
 現に私はこの本のおかげで断然ヘンリー・ミラーが読みたくなり、『北回帰線』と『南回帰線』の2册を友人からかすめ取り、いま読んでいるところである。

 「旧い本を読むことほど前向きな行為は他にないのである。」と山川氏は言う。
 ミラーやランボーやドストエフスキーと向かい合うことはいつでもむちゃくちゃ新鮮な体験である。
 これは我々クラシックの音楽家がベートーヴェンやバッハやモーツアルトの新しさをつねに驚異に感じる感覚と同じであろう。
 異端で突出していた彼等が発した輝きはものすごく、リレーはリレーを生み、現代ではロックの中にもその精神は生き続けているもんね。

 まずは皆さん、山川健一氏の書いたこの素晴らしい本を読みましょう。
 そして不良少年たちのリレーが生んだ作品の数々を読み、聴き、そのリレーに自らも加わろう!

 「行け、クールベ!あんたは正しい、迷うことはない」
 ボードレールが画家クールベに触れた文章だそうである。
 行こう! (bk1ブックナビゲーター:廻由美子/ピアニスト 2000.08.09)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示