サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

東洋経済新報社全品ポイント50倍(相乗り施策)(~11/23)

電子書籍

孤高のメス みんなのレビュー

  • 大鐘稔彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

孤高のメス 死の淵よりの声

紙の本孤高のメス 死の淵よりの声

2016/09/24 21:22

切れ味鋭い当麻鉄彦のメス

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

医師大鐘稔彦が描く外科医当麻鉄彦の物語である。すでに文庫本11冊からなる巨編となっている。医師の日々の動きを追っているとこれほどの大作となってしまうのはよく分かる。普通であれば、食傷気味になってもよいはずだが、なかなかそうはならない。

 医学上の詳細にわたって解説されてはいるが、読者が医師でない限り、その半分も理解できないであろう。それでもストーリーは興味津々である。今回のストーリーは当麻鉄彦の医師としての日々を描いているものである点では、従来とさして変わらない。当麻は琵琶湖近くにある民間病院チェーンの一病院の外科部長を務めている。

 当麻の伴侶は病魔に襲われて、腕を持つさしもの当麻でも救うことはできなかった。しかし、その友人と出会い二人は結ばれる。こういう幹になるストーリーに後輩医師、恩師が絡んで進行していく。また、系列病院で外科部長として働く同僚の私生活なども登場し、飽きさせない。

 ただ、飽きはしないのだが、このストーリーの主張が読み取れなくなる。以前は当麻自身が臓器移植を積極的に行っており、このシリーズの主眼が読者にも読み取ることができた。この小説の主張は何かと疑問に思っていたところ、最後に出てきたものがある。しかし、そこではすべてを語らず、次回に持ち越しとなってしまった。

 なかなか読者を放してくれないようだ。こうして次回作も読むことになりそうである。こういう構成は大鐘医師ではなく、出版社が知恵を付けているのであろうか。うまいものだと感心させられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示