サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

インド旅行記 みんなのレビュー

  • 中谷美紀
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

インド旅行記 1 北インド編

紙の本インド旅行記 1 北インド編

2009/10/28 20:50

女優のひとり旅

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

インド旅行記1 北インド編 中谷美紀 幻冬舎文庫

 女優さんによるインドひとり旅の記録です。わたしは作者をよくは存じ上げません。女優さんですが、記述は男性的です。昔、テレビで、とある映画監督が、女優と結婚するということは、男と結婚するようなものだとおっしゃったことを思い出しました。
 日記形式による時系列的構成は読みにくい。その構成からさらに推敲(すいこう)を重ねて、本書の場合は柱を立てて、「食事」「寺院」「宗教」「物乞い」「ガンジス川」「数学」「ヨガ」「ダライ・ラマ」などに分類したほうが読みやすい。
 読み始めは、女優のひとり旅に驚きました。付き人、スタッフ付き旅行ではありません。旅の目的はヨガ修行。そして、現地では魚も肉も食べない菜食主義です。映画「嫌われ松子の一生」の撮影を終えてのストレス解消のためのインド旅行です。
 インドが100年ぐらい前まで、英国の植民地だったことをこの本を読んで初めて知りました。だからインドの言語は、英語圏なのかと納得しました。それから、建物、そして街路にもヨーロッパの風情が見受けられる理由がわかりました。読みながら自分もインドにいるような雰囲気にひたれる本です。読み始めは、作者がたいへん疲れており、読み手にまでその疲れが伝染してきます。後半部まできて感じたことは、作者の素(す)が見えてこないことです。作者は、素の自分をさらけださない人、おそらくご自分でも気づいていらっしゃらないのでしょうが、無意識に自分とは異なる旅人を演じているように感じました。防衛心の強い方です。この本と同時期に江國香織著「号泣する準備はできていた」を読んでいたのですが、号泣に登場する女性にこの作者をあてはめると、ぴったりくるのです。号泣… では、未婚、海外旅行好きの女性が登場します。最後に、この本のインド旅行は、「冒険」になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インド旅行記 1 北インド編

紙の本インド旅行記 1 北インド編

2011/01/25 14:42

ごく普通で無理が無くていいと思う

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽっぽっぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、インドに行って、行く先々でガイド付けて、ヨガにマッサージに、ただの贅沢旅行と思っていました。結果、そうではありますが、一人のごく普通の女性が、インドで旅の目的(ヨガや史跡めぐり)を果たすことが淡々と記載されていて、これはこれで共感ができると思います。人によって旅の形態や目的は違うし、みんながみんな現地に迎合しようと努力する必要もないのだから。目線が普通なので、これもあり、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インド旅行記 1 北インド編

紙の本インド旅行記 1 北インド編

2011/10/17 22:08

周到な準備をしているにもかかわらず…

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

周到な準備をし,あるときは神経質なほど清潔さに気をくばりながらも,油断して体調をくずしてしまう. さまざまな魅力がありながらも,インドはこわいところだというのがよくわかる. たべものの話とエステ系の話が多い. たべものには興味があるが,それでもすこし興味がずれているので,これ 1 冊だけにしておこうかとおもう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インド旅行記 1 北インド編

紙の本インド旅行記 1 北インド編

2017/07/09 01:05

カタカナが・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

インドに行った事がある方、又はヨガをされる方には読みやすいと思いますが、どちらにも縁がないので、地名やヨガの型名などカタカナが多くあまり内容が頭に入ってこなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インド旅行記 1 北インド編

紙の本インド旅行記 1 北インド編

2015/09/10 12:15

個人的にはイライラする

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼女のエッセイは面白いものが多いが、個人的には「インド旅行記」シリーズは好きではない。
 先ず愚痴が多すぎる。
 ある程度わかっていたはずでもあるし、これだけの大女優ならお金かけて、もっと贅沢な旅をしても何も驚くこともない・・・

 読んでいてイライラすることが多い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示