サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 背の眼
  5. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

背の眼 みんなのレビュー

  • 道尾秀介 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

背の眼 下

紙の本背の眼 下

2016/09/04 06:37

設定はいいけど、結論がやや残念

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

犯人の結論や背の眼の謎は、設定が面白かっただけに、なんか消化不良で、ちょっと残念な気もしつつ、この設定だったら、まぁありなのかな、という感じでしょうか。登場人物が魅力的なので、次作も読んでみたいと思います。最後の駅員さんもよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

背の眼 上

紙の本背の眼 上

2016/09/04 06:36

雰囲気がいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

初道尾作品。なんともいい雰囲気の本です。設定といい、背の眼と自殺との関連という謎といい、どういう結末で終わるのか、後半の下巻が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

背の眼 下

紙の本背の眼 下

2016/08/05 14:53

霊についての答えはなし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

霊などいないという方向に持って行くのかと思いきや。いるような雰囲気を醸し出しながらも、あーだーこーだでいないと思わせるような結末?結局、「いる!」ってなっても「いない!」ってなっても、真備さんの事務所は終焉を迎えてしまうので、そこは含みをもたせないとだよねー。この作品が道尾さんがどれくらいの時期に書かれたのか知らないので、なんともいえないけれど、面白さは中くらい。すっごい感動とかすっごい驚愕はなかった。でも、真備さんが探求しているあることへの道筋を最後にしっかり示していたのはよかった。さて次は『骸の爪』。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

背の眼 上

紙の本背の眼 上

2016/08/01 19:12

下巻のための上巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっと真備シリーズ第一巻に手を出した。ホラー小説とのことだけれど、そんなに怖くない。無理無理と思って、手を出してこなかったジャンルだけれど、あれ、平気?年齢とともに神経も図太くなっているのかなw「天狗の仕業か、たたりか」10歳に満たない少年が死んだ。人の手に寄るものなのか、村人が囁く「天狗」の仕業なのか、真相を探るべく真備一行が福島の寒村へ足を運ぶ。上巻はとりあえず事件がたくさん起こり、登場人物のある意味紹介のようなもの。だからあまり怖くないのかな。どちらにしろ、謎が明かされていくのは下巻。さあ、下巻へ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する