サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

[別パターンA]10月度:コミック ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

ベイジン みんなのレビュー

  • 真山仁 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

ベイジン 下

紙の本ベイジン 下

2014/01/04 14:01

中国って

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sakura - この投稿者のレビュー一覧を見る

印象に残る作品。感動的なシーンもたくさんあるんだけど、中国人がなんでも盗んでしまってルールを守らないんだってところが特に印象に残った。いつも緻密な取材に基づいて書いている真山さんの作品だからこそ、中国人ってそうなの?と思ってしまった。
作品は臨場感あふれていて、目がはなせなくて、とにかく面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ベイジン 上

紙の本ベイジン 上

2011/07/13 08:53

証明:事実は小説より「危」なり

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいらぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前回の書評は2007年、中越沖地震の後だった。
そして再び、東日本大震災を受けて書評の筆をとった。震災以上に日本という国を揺るがしたフクシマ危機をデジャブのように感じさせる小説、それが本書であるが、を思い出したからである。
 表題のベイジンとはつまり北京のことであるが、オリンピックを目指した猛烈な発展とそれを支えるための原発建設の物語である。原発はどこの国でも膨大な利権がからむため、政治の動きに翻弄され、現場のエンジニアが目指す安全指向が捻じ曲げられ、国家の威信と利権を貪る道具として作られてしまうことが物語として繰り広げられる。そこには腹黒い政治家、闇組織も当然のように群がってくるが、これを撥ねのけるのは、エンジニアの信念である。
 物語は中国を舞台として、安全性よりも利権を貪ることに重きを置く政治家や闇組織、事故発生時に捨て身で収束を図る現場エンジニアたち、保身に走る「責任者」たち、重大な危機に直面してもパフォーマンス優先の政治家たち、が描かれている。これらをそっくりそのまま日本人キャストとしたものがフクシマ危機であり、デジャブである。
 この小説を読んだのはちょうど1年前だった。その時の感想は、「中国ならありうる、そして中国で事故が起きればたちまち日本は被害を受けるではないか・・・」というところだ。しかし、これは安全神話を刷り込まれた末の安っぽい感想に過ぎなかったことがわかった。これを読んで、われらの足元を見直すことすら発想できなかった。そして、「素人」の小説家が想定ができることを日本の「専門家」そして政治家たちは誰も想定できなかったことが3・11で証明されたのだ。
 小説に次のような件がある。
 「メルトダウンを防ぐには水があればいいんですよ」
 「消防車の高圧ポンプを使って、海水で冷やすわけにはいかないんでしょうか。」
 「ヘリからも同じことができると思います」
 「我々が原子炉の暴走を止められなければ、世界中の原発が停まるかもしれません」
 そして「フクシマ」は「ベイジン」を超えた・・・
 事実は小説より「危」なり、が証明されてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示