サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 外事警察
  5. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

外事警察 みんなのレビュー

  • 麻生幾
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

外事警察

紙の本外事警察

2012/09/20 16:16

プロフェッショナルが描いたプロフェッショナルの世界の圧倒的な緊迫感をどう受け止めるか

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

好評を博したNHKドラマの原作小説である。
そもそもテロ対策をテーマにしたドラマの元になるものをと、NHKからの依頼で書かれたらしい。

国際テロ対策チームを焦点としたこの物語は、ジャンルとしては、広い意味でのスパイ小説だろう。
たとえば007の故郷であるイギリスなどでは盛んなジャンルだが、日本ではあまり伝統があるとは思えない。
そこでいかにもリアルタイムの状況を取り上げて気を吐いているのが、
この麻生幾という作家なのだろうと思う。

なるほど、という力量を感じた。
このタイプの小説が好きな読者なら十分楽しめる内容ではないか。
緊迫したテーマにふさわしい小刻みな断章形式と引き締まった文体が気持ちがいい。
また、この種の小説には必須とはいえ、
作家の情報知識、またその収集力、取材力も半端なものではあるまい。
まさにプロフェッショナルがプロフェッショナルを描いたという感じである。

とにかく緊迫感は相当なもので、半ば過ぎからは痛いほどだった。
圧倒的な敵の力に、ページがどんどん残り少なくなっても味方はまずます不利になるようで、
いったいどうなるのかと一気に読ませる。

もっともこれには多少無理がないでもない。
それまでの描き方の重さや広がりに比べると、短い結末部では十分ではない印象がある。
たとえば、主人公の家族の問題というのは、主筋に絡むだけではなく、
こうした立場の人間が抱える辛さを描いて物語の奥行きを深めているのだが、
終わりではえらくあっさり処理されてしまった印象だ。

また、面白い小説であるのは間違いないとしても、好みは分かれるかもしれない。
最終的にフィクションではあっても、素材はかなりリアルで、実際に起こってもおかしくない。
するとここに描かれているもの、テロの見えない脅威、裏のまた裏が際限なく迷宮、政治的陰謀や裏工作、
組織間の軋轢、利害対立、権力争い、連携の機能不全、そして秘匿の辛さや、任務の危険、身内の犠牲などは、
興味深くはあっても重すぎるかもしれない。
ありそうだがあってほしくないものがオンパレードで、
だからこそ迫力もあり面白くもあるのだが、リアリティの重さがまた辛くもある。
それでもあえて戦い抜き乗り越えようとする物語の魅力とで、どっちが勝るかというところだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示