サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

12時 修正:20%OFFクーポン(0817-19)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 特殊警備隊ブラックホーク
  6. 特殊警備隊ブラックホークのレビュー

電子書籍

特殊警備隊ブラックホーク みんなのレビュー

  • 福田和代
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

ゼロデイ 警視庁公安第五課

紙の本ゼロデイ 警視庁公安第五課

2018/08/16 11:41

テロ集団・クーガが単純な悪者と思ってたが、義賊的性格をも併せ持つ集団に変化していく展開にアレレレでした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テロ集団・クーガが単純な悪者と思ってたが、義賊的性格をも併せ持つ集団に変化していく展開にアレレレでした。逆に社会的信用を得ている筈の大手ゼネコン5社が、どんどん悪者に思えて来るから怖い。それに警察上層部の陰がちらつき、更に海外(イスラエル拠点)民間警備会社の日本法人:ブラックホーク・ジャパンが関係してくるから話は複雑になって来る。結局、本作は大きな謎を残したまま終わる。なお、本作品の時代は2019年で常温核融合施設の建設ラッシュが始まっている。関係5社はその工事独占企業である。
<以下、蛇足>
 本作品は、特殊警備隊ブラックホーク3部作の2作目だという。1作目は、658:福田和代『標的』(幻冬舎文庫、2015年2月10日、幻冬舎/初出;『特殊警備隊ブラックホーク』2012年6月、幻冬舎、5点)だという。早くに気付くべきだった。読後に1作目のメモを見て、ブラックホーク・ジャパンが何で、妹尾容子(テディベア)や円道といった人物を思い出した。なお、著者「あとがき」によると、1作目・658:『標的』は「表&光」であり、2作目・742:『ゼロデイ』は「裏&影」が描かれているという。これは、特殊警備隊ブラックホークの有り方に関することだろうか。一体何の「表&光」であり「裏&影」なのか興味津々である。ただ、3作目は現在準備中とのこと。残念。早く読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

標的

紙の本標的

2017/05/24 09:01

4章からなる連作短編の作りだが、4章の全面対決に至る構図。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

4章からなる連作短編の作りだが、3章までは民間警備会社:ブラックホーク・ジャパンと義賊を装うテロ組織:クーガ(空牙)の紹介を兼ねて、巧みに4章の全面対決に至る構図。ブラックホーク・ジャパンの超精鋭部隊:チーム・スドウの人間模様や悩みが興味深い。時代は20XX年、2030年頃の想定か。築地市場は既に移転し、跡地は工業団地になっている。豊洲移転問題が揺れに揺れているだけにちょっと笑えます。
 当然、シリーズ化するものと思ったのだが、今のところ続編らしきものは無い。この後の展開も気になるのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゼロデイ 警視庁公安第五課

紙の本ゼロデイ 警視庁公安第五課

2015/09/09 09:47

テロ計画とか銃撃戦が好きな人には向き…かも。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

公安物はどうも合わない。この作品で改めてそう思った。ストーリーを丁寧に読み込むおもしろさがなく、社会を転覆させる壮大な計画があったり激しい銃撃戦があったり…そういう場面が続いて、読んでいてちっともおもしろくなかった。
そもそも読み始め早々に、「クーガ」(組織の名前)や「マギ」(そのトップの名前)など、嘘くさい暗号名(?)が続くのにも白けてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示