サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0119-21)

西尾維新作品に使える最大50%OFFクーポン(~2/1)

電子書籍

珍名いきもの124 みんなのレビュー

  • 北嶋廣敏, 藤田和生
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

誰かに話したくなる珍名いきもの124

なぜ「トゲアリトゲナシトゲトゲ」なんて名前がつくんだろう。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

学名、和名、英名といろいろ混じっていますが、それぞれの面白い物が紹介されています。「和名で一番長いものは」などは学校の生物の授業などで先生が学生の注意を引くネタとして使うこともありそうなので記憶している人もあるかもしれません。書名になっているように「話のネタ」になるようなものが多いです。

 分類学の時系列の結果で矛盾がいっぱいの名前の昆虫の「トゲアリトゲナシトゲトゲ」には思わず吹き出しそうになりました。「トゲトゲ」という虫の種類を命名したら、その仲間にとげのないのが見つかって、さらに・・・ってことのようですが。こういう形でできた面白い名前はたくさんあるのではないでしょうか。

 別名、地方名はもう挙げればきっときりがないと思います。なんでそんな名前なのか、理由を知れば少しその生き物との距離が近くなるかもしれません。話のネタにすれば人との距離も近くなるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する