サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

王太子様は無自覚!?溺愛症候群なんです みんなのレビュー

  • ふじさわさほ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

王太子様は無自覚!?溺愛症候群なんです

せっかくいい作品なのに...

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベリーズ文庫初読み。
ふじさわさほさんの作品を読むのは2作目。
以前現代ものをさらりと読んだ時は、こんなに書ける方だとは思わなかったな。
エロ無しでも甘いトキメキときゅんを書ける、貴重な作家さんだとみました。

2国間の関係を強固にするため、スタニスラバ王国の王女ラナは、ナバ王国のエドワード王太子に嫁ぐことになった。
世界最強のスタニスラバ海軍に護送され、降り立ったナバの港で、ラナは両国の決裂を望む輩の手によって、誘拐されそうになる。
すんでのところで、到着したエドワードに守られて事なきをえるが、彼はラナのことを、まるで自分のもの扱い。
自尊心が強いラナは、それが気に入らないけれど、エドワードの飾らない人柄と魅力に惹きつけられていく。
エドワードはエドワードで、ラナの愛くるしい魅力に夢中になるが、生来の王太子であり、武人である彼の好意の表しかたは不器用で、なかなか思いを交わし合うことができない。
そんな折、エドワードが視察で城を空けることになり、置いて行かれてショックを受けるラナだったが…

賢く、愛らしく美しいラナ。
ちょっとお転婆で、好感度も抜群のヒロイン。
エドワードも甘く優しい、とってもノーブルな正当派王子様なのに武闘派の俺サマで、こゆのが高貴な俺サマ男なんだろうな、と思いました。
パターンに入らない、魅力的なカップルでした。

いくつかの国をまたがって進行するストーリーですが、舞台となる世界の版図もしっかりできていました。
TLには政治や国のお話はテキトーでもOK,な免罪符がありがちなのですが、このお話は、ヒロインを取り巻く国の関係図も、人々も、しっかりできている印象。
その世界の上を動いていく魅力的な登場人物たちを、味のある文章で描いていきます。
ストーリーもきちんと組み立てられ、至る所に仕込まれたさりげない伏線に、あ、そうだったのかと膝を打つことしきり。
ヴィートの冒頭の台詞も、最初はくすっと笑っただけでしたが、ただの爺やのセンチメンタルじゃなかったのね、と気づいた時にはやられたと思いました。
とにかく無駄な登場人物がいなくて、端役のひとりひとりが、ちゃんとさりげなく大事な役割を担っています。
丁寧に描かれた丁寧な、魅力的で素敵な良作。
きゅんと来るというより、胸一杯で二人を見守っているような、そんなトキメキのある作品でした。

ただ、タイトルは、これはどうなんでしょう。
このタイトルで、この本を手にとった方が、望むような作品ではない。
せっかくの良作の印象を、そこで悪くしてしまっては逆効果ですよね。
評価がいまひとつな原因は、そこではないかと思います。
私も、コミカルで極端な、溺愛型の甘々作品、好きですし、実際今の流行りで売れてるんでしょうが、だからって何にでもそんなタイトルつけるの、そろそろやめて欲しいです。

せっかくの素朴で丁寧な手作りの品を、チープでポップな大量生産の、しかも全然イメージが違う箱に入れて売ってる感じですよ。

本当は★5つだと思ったけれど、タイトルで★1つ減らします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示