サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

電子書籍

脳が目覚めるたった1つの習慣 みんなのレビュー

  • 瀧 靖之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

脳が目覚めるたった1つの習慣 仕事ができる人を“科学的”に解明

能力のパフォーマンスを上げると同時に自分の幸せとは何かを考えるための本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にし - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の題目「脳が目覚めるたった1つの習慣」とは,簡単に言うと「自分にとって心地のよいことや楽しいことを積極的にやるという習慣」です。

それでは「自分にとって心地よいことや楽しいこと」とはどのようにして導き出されるのでしょうか。この本では,(1)好奇心を掻き立てる,(2)コミュニケーションを楽しむ,(3)有酸素運動をして海馬を大きくする,を挙げています。この3つのステップから脳が活性化するというのです。

私が特に興味を持ったのが,(3)の有酸素運動です。脳は,年齢とともに萎縮するだけだと思っていましたが,有酸素運動は,脳の海馬の神経回路を増やすのだそうです。ウォーキングが認知症を予防することにもなるのですね。

この3つのステップとは,いうなれば脳が幸せを感じるための方法です。学術的な研究結果からも,成果を出した人が幸せなのではなく,幸せな人が成果を出すということがわかっており,自分にとって幸せを感じる努力をすることが,脳の活性化をもたらすということになります。

この本は,能力もパフォーマンスも10倍アップという触れ込みですが,自分の幸せとは何かを考える手段としても利用することができる良書です。重要なところには,青のマーカーが付されており,そこを読み進めるだけでも,ポイントを理解することができます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示