サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

茅島氏の優雅な生活 みんなのレビュー

  • 遠野春日 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

茅島氏の優雅な生活 3

紙の本茅島氏の優雅な生活 3

2012/04/23 13:40

茅島氏シリーズその3

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

茅島氏シリーズ最終巻になります。
風変わりな資産家、茅島氏とお抱え庭師の「彼」は秘密の恋人同士。
夏休み、祖母の七回忌のため帰省する「彼」にこっそりついてきてしまった茅島氏。
「彼」はやむを得ず実家に茅島氏を泊めることにしましたが、
今はまだ自分達の関係を家族に打ち明ける時期ではないと考えるのです。
しかし妹の倫子だけは何かを感じたようで・・・。と続いていきます。
茅島、どんどん本当に健気で可愛くてどうしようもなくなってます。
この巻では「彼」の茅島に対する気持ちを再確認させられていて
読んでいてなんとも微笑ましいやら、気恥ずかしいやら、とにかく良かったです。
是非シリーズ通してお読みいただきたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

茅島氏の優雅な生活 1

紙の本茅島氏の優雅な生活 1

2012/04/22 05:06

茅島氏シリーズその1

11人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

桁外れの資産家だが孤独な青年、茅島氏(受け)の心を初めて捉えたのは庭師の「彼」(攻め)。
嵐の夜突然アパートに押しかけてきて告白する茅島氏につい意地悪をしてしまう「彼」ですが、
世俗にまみれない茅島氏の素直さに次第に惹かれていきます。
ずいぶん以前の作品に単行本未収録作を加えて文庫化されたものです。
とても独特な雰囲気を持つこの作品、なかなか面白かったです。
それに庭師の「彼」、最後まで名前が出てきません。
でも全く気にならないのです。最後まで違和感なく読めます。
不思議な作品ですがなんとも続きが気になるお話です。
シリーズものなので「茅島氏の優雅な生活・2」に続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

茅島氏の優雅な生活 2

紙の本茅島氏の優雅な生活 2

2012/04/23 13:25

茅島氏シリーズその2

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

茅島氏シリーズの二巻目になります。
孤独な資産家、茅島氏は浮世離れした風変わりな青年です。
そんな茅島氏の純粋さと内に秘めた情熱を知るのは、恋人である庭師の「彼」。
恋をして少しずつ人間らしい感情の波を見せ始めた茅島氏は、
庭師と共に英国湖水地方を訪れることになります。
だけどそこには庭師の昔の親友がいるのですが・・・とお話は続いていきます。
茅島の「彼」に対するいじらしさがかわいすぎます。
最初は渋々付き合っていた庭師の「彼」が茅島にどんどん嵌まっていくのもうなずけました。
独特の雰囲気もとても心地よいです。
「茅島氏の優雅な生活・3」に続きます。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

茅島氏の優雅な生活 1

紙の本茅島氏の優雅な生活 1

2017/09/23 20:42

可愛らしい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

不器用な愛情表現が可愛らしい澄人さんでした。

澄人さんを受け入れてからも、初めは粗野な感じの庭師の彼でしたが、いつしか澄人さんに惹かれていき…

後半は、庭師の彼の細やかな愛情が少しずつ伝わってきて、暖かい気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

茅島氏の優雅な生活 (1)

電子書籍茅島氏の優雅な生活 (1)

2017/03/11 02:21

旧華族

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

遠野春日さんと、日高ショーコさんとお二人ともとても好きな作家さんなので、電子書籍での購入。。
ただ………電子書籍では表紙しかイラストが見れない…とほほ。
でも、内容はとてもイイです。澄人さんキャラ最高です☆
本も買ってイラストが見たい!!
コミックが別の方が描いてるからイラストが載せれないのかな??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

茅島氏の優雅な生活 3

紙の本茅島氏の優雅な生活 3

2017/09/23 20:54

最終巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

田舎に帰省した庭師の彼にこっそりついてきてしまった澄人さん。

確かに「結婚しない宣言」をした兄と一緒に、誰かが現れたら詮索してしまうかも…妹さんは鋭い。

次の帰省では家族に打ち明けよう、と庭師の彼の想いが書かれていましたが、結果がどうなるのか気になるところ。出来たら、祝福されてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

茅島氏の優雅な生活 2

紙の本茅島氏の優雅な生活 2

2017/09/23 20:47

初めての旅行。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

庭師の彼と澄人さんの初海外旅行。

お金持ちなのにパスポートを取るところから?と驚きましたが、ご両親が亡くなったことと関係していたのですね…

二人の宿泊先には、庭師の彼の友人宅も含まれており、澄人さんは初めての深い嫉妬に悩まされます。その葛藤がまたいじらしくて可愛らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

茅島氏の優雅な生活 (2)

電子書籍茅島氏の優雅な生活 (2)

2017/03/12 01:06

最後に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後に東原さんと、例の弁護士さんが一瞬登場!
澄人さんが少しずつ感情の表現が出てきてる。。やっぱイラストが見たい方は紙本をオススメですよ。
遠野春日さんと日高ショーコさんがお好きな方は絶対紙本を購入オススメ。。
電子書籍は表紙のみなので…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

茅島氏の優雅な生活 (3)

電子書籍茅島氏の優雅な生活 (3)

2017/09/28 08:54

最終巻?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もり - この投稿者のレビュー一覧を見る

不器用な茅島氏が可愛い。
これが最終巻なのは残念。
執事や小泉さん視点の話も読みたいし、ガーデンパーティーの様子も見たい。
緒方兄弟や骨董品の事件など?他で読めるのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

茅島氏の優雅な生活 (1)

電子書籍茅島氏の優雅な生活 (1)

2015/12/01 15:35

シリーズ1

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、話の内容が良く理解できなくて、(というか、分からないように書いてるのでしょうが)、ちょっと読むのが辛かったです。でも、「休暇の過ごし方」からは、しっかり内容が理解できたので、スムーズに読めました。そして、最後まで読んでから、また、表題作を読むと、今まで理解出来なかったところが、繋がっていったので、なるほど!と納得させられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢のつづき

紙の本夢のつづき

2017/09/23 21:01

ごめんなさい…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

聖司さんの登場場面が、茅島氏の優雅な生活の中でもあまり好きではない内容だったので、こちらの作品にもなんとなく入り込めず…

茅島氏の…でほわほわ出来たあとだけに読み進むことが最後まで出来ませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示