サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

②11月度:コミック ポイント30倍 ※バナーのみ(~11/19)

電子書籍

朝から朝まで みんなのレビュー

  • 一穂ミチ (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

朝から朝まで

紙の本朝から朝まで

2011/02/22 06:39

言葉のきらめき

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maruma - この投稿者のレビュー一覧を見る

一穂ミチさんの言葉の切り取り方が好きだ。
作品を読む度に、そう思う。

「朝から朝まで」はテレビ局が舞台になっている。
アルバイトの羽村結(ゆう)と報道局社会部記者の後藤京平。
結は忙しく仕事をしていく中で失敗したり、落ち込んだり。
京平は淡々と事実を伝えて、その誠実さが失敗した結に沁み込んでいく。

いつも自分を律している京平に素直になればいいのに、と願う結。

大人だからこそ、ぐっとこらえてしまう部分がある。
だからこそ、結の素直でまっすぐなところがまぶしかったりする。

テレビ局での日々が描かれていく中で
器用とは決して言えない二人に惹きつけられていく。
結や京平を囲む人たちとの会話のテンポのよさに惹きつけられていく。


優しくされたり、気遣われたりするのは、近づくことだろうか。
それとも遠ざけられることだろうか

誰も知りませんように。
誰の前でもあんな顔をしませんように。これから先もずっと。

ああ、笑った、と思った。
笑顔ぐらい、誰だって見せるのに。名前ぐらい誰だって呼ぶのに。
それがどうしてこんなに嬉しくて落ち着かない気持ちになるのだろうか。君は、ふしぎだ。


読む度に違う部分に惹かれていく。
それはきっと、ひとつひとつの言葉の切り取り方が心地いいからだろう。

器用とは言えない二人に何度でも会いたくなってしまうのは
一穂さんの言葉が気持ちに寄り添ってくれるから。

だからきっと、一穂さんの本を読み続けてしまうのだろう。
これから先も一穂さんの本を追いかけていきたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示