サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品10%OFFクーポン(1113-19)

電子書籍

おとぎ話のゆくえ みんなのレビュー

  • 一穂ミチ (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

おとぎ話のゆくえ

紙の本おとぎ話のゆくえ

2010/07/27 00:12

おとぎ話の先には何が見える?

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はぴえだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の作品には、いつもふわふわとしたやさしさがあった。
しかし今作品では、それらが大分なりを潜めていて、シビアで、ストイックな印象を強く感じた。

今までの作品にはなかったキャラクター設定。どこか似ているふたりではない、まるっきり正反対の二人。はっきりとした光と影。
ストーリー展開的には、はっきりくっきりというよりも、あいまい。ささいなことが積み重なっていき、いつしかというようなパターン。
題材的には、物語の世界でよく使用されるもの、身分違いの恋――おとぎ話。それらのほとんどはラストでハッピィエンドを迎える。

もともとこの作品は、BLというジャンルの中にあるので、ラストは決まっているも同然。それにも関わらず読んでいて、本当にこの作品はハッピィエンドになるのか?という怖さがあり、事実、読み終えた今でも実のところ、幸せな未来が想像できずにいたりする。
BL=ファンタジーという図式が私の中では確立しているのだが、この作品はその図式に当てはまらないような気がしてならない。
ストーリーが現実に寄り添っているように感じられてならないのだ。


たとえ魂が上等であっても、生まれや育ちは選べない。
世の中には、両方上等なものを持って、生まれてくることもある。
理不尽だが、それこそが事実で現実。
けれども、それを打破する力は誰の中にも眠っているし、誰にでも平等に未来はある。
大っぴらには書いてあるわけではないけれど、物語の端々からそれらが感じられる。
失礼ながら、BL作品を読んでいて、このようなメッセージが伝わってくる小説はそうそうあるものではなく、とても稀有だ。


「おとぎ話のゆくえ」では、モラトリアムが描かれている。
主人公の片割れ、来杉。人と、自分側から関わることを徹底的に避けて生きている。流れに逆らわず、飄々と日々を過ごしている。自分以外には責任を負わず、何も選ばず、ただ流されるがままに。
それがもう一人の主人公・若様(湊)と日々を過ごしていく内に、変わっていく。来杉だけではなく、若もまた変わっていく。
必然的に惹かれあい、そして選ぶのだ、いつか壊れてしまう日がくるかもしれないとおびえつつも。
生まれや育ちは選べなくても、これからの未来は自分自身で選ぶことが出来るからこそ。確かに、自分で何かを選ぶということは責任を伴う。それでも覚悟を決めて選び取り、モラトリアムにピリオドを打つのだ。二人の選んだ関係は、それはそれはおとぎ話の結末のよう。先がどうなっていくかは、これから。モラトリアムの終焉をおとぎ話に乗せて描き切っている。

「ハッピーエンドのゆくえ」は、日常(現実)への回帰を語っている。
モラトリアム後、普通の日常に埋もれていく息苦しさ。ただそれこそが本来、誰かと繋がって生きていくという姿。自由ではなくなった苦しみ。それと引き換えに手に入れた温かいぬくもり。幸せと苦しみというのは、本当に半分ずつなんだということを描き出している。
選び取って、育てていき、普通に変換していく。その積み重ねが、おとぎ話を現実に塗り替えていくということ。幸せに浮かれている部分だけをではなく、苦しみさえも、対比をつけて両方をきちんと、冷静な視線で描き出している。

「共犯者のゆくえ」は、主人公二人を見守る話。
ここでの主人公(本編主人公の友人であり幼馴染)は、普通さを嫌悪しているが、普通に生きるということは、実は案外難しいことだと思う。
自分自身で選び取った、彼らとの共犯者という立場。
今の関係が変わってしまったとしても、それを受け入れる覚悟はできている。意外なまでの強さと、優しさ。
作品の終わりに、世界は閉じ切っているわけではないと教えてくれた。


BLは本来、恋愛小説なわけだから、激情だってもちろんある。
けれども、恋愛の熱だけではない、現実をもかすめていく。
それがこの作品の真骨頂なのではないだろうか。

物語は、自由だ。
読者がすきに選び取ればいい。

私は、今回はこういう風に感じ取った。

この書評だけ読むと、硬さを想像されるかもしれない。
けれども、作品中の文章の連なりには、ユーモアも散りばめられていて、読みやすく作られている。絶妙な匙加減。
言葉の選び方や、文章の運び方にも以前からセンスを感じてはいたが、今作品ではそれがさらに研ぎ澄まされていたような印象を受けたし、一歩踏み込んで作品を描き切ったことにより、深みを増しているように感じた。作者は新境地――新たなるステージを迎えたのではないだろうか。

純粋に、心から良い作品だと思う。

一人でも多くの人に、この作品が届いてほしいと、願ってやまない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おとぎ話のゆくえ

紙の本おとぎ話のゆくえ

2017/10/31 16:41

都会の根無し草×田舎の城下町の若様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

雰囲気もあってとてもいいお話でした。
ただちょっと視点が交互に切り替わる時にわかりにくいのと、会話が誰の台詞かわかりにくくて読みづらかったのが残念でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示