サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:日替わりクーポン(0813-16)

修正:続刊予約キャンペーン(0810-31)

電子書籍

公爵は愛妻を攫う みんなのレビュー

  • 間之あまの, 穂波ゆきね
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

公爵は愛妻を攫う

電子書籍公爵は愛妻を攫う

2018/02/03 22:52

片割れの本も読んでいたから、リンクして楽しかった!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nonn - この投稿者のレビュー一覧を見る

片割れの本のことが頭にちらつきながら、楽しむことが出来ました!これもBLだったんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

公爵は愛妻を攫う

紙の本公爵は愛妻を攫う

2016/08/11 21:41

スピンオフ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

家庭の事情で、女の子として育てられた楓。
好きな人にプロポーズされたのに、性別を偽ってる為に断らなくてはならない悲しさ…

お祖父さんにばれてしまった場面は修羅場でしたが、最後はハッピーエンドで良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

公爵は愛妻を攫う

電子書籍公爵は愛妻を攫う

2018/04/22 20:50

あとがきにあるとおりラブコメでした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄梅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

てっきりすごく暗い話かと思いきや、大円満のラブコメでした。でもうまく問題を回収していたように思いますし、主人公の啖呵は胸がすっとします。『動悸と息切れの薬を用意すれば!』で、救心か!と思ったり、文章の端々で小ネタがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

公爵は愛妻を攫う

電子書籍公爵は愛妻を攫う

2017/12/18 11:15

皆んな良い人(笑)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらすじに惹かれて購入。公爵様攻め&訳あって女の子として育てられた呉服問屋の次男坊受け。

まだ日本に、華族制度があった時代のお話し。

やむなく女の子として育てられた受けですが、芯が強くて思いやりのある、いい子でした。

また周囲の人も皆んな良い人で、攻めも一貫して受け一筋!安心して読めます。

だから逆に、物足りないと思う人もいるかもしれませんので、ご注意ください。

電子書籍版では、挿し絵がありません。だから公爵様が受けを可愛がる絵が見られないのは、残念でした。

面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

公爵は愛妻を攫う

電子書籍公爵は愛妻を攫う

2017/11/26 12:39

断然!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かなぶん - この投稿者のレビュー一覧を見る

間之先生の作品はコメディ要素が強い作品よりも、
この作品のようなせつなさを含む作品の方が断然好きです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

公爵は愛妻を攫う

電子書籍公爵は愛妻を攫う

2017/04/26 16:19

感情移入

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どすこい - この投稿者のレビュー一覧を見る

楓に感情移入しながら読み進むと何度も涙がじわりじわり。最後の方ではハピエンしたと安堵したと思ったらまた試練があり、最後まで楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示