サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~8/31)

最大40%OFFクーポン(~8/31)

電子書籍

【限定おまけ付き】 掌の檻 みんなのレビュー

  • 宮緒葵, 座裏屋蘭丸
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍

【限定おまけ付き】 掌の檻

電子書籍【限定おまけ付き】 掌の檻

2015/09/13 20:52

監禁執着愛

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮緒センセお得意の?攻めが狂気の執着愛でブラックバージョン
でも「蜜家族」のように主人公が最後壊れて囚われるのではなく
主人公が自我を失わない精神的な監禁であるところに救いがある気がしました。
「渇仰」シリーズも好きでしたが、こっちの主人公の方が真っ当で自立していて
ちゃんと攻めを好きな気がします。
結局これまでに主人公が執着したのも攻めキャラだけだったので、
他の誰も愛せないということではお互いさまで、
ある意味これも割れ鍋に綴じ蓋なハッピーエンドといえるかも?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【限定おまけ付き】 掌の檻

電子書籍【限定おまけ付き】 掌の檻

2015/10/09 10:08

焦がれるということ

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pichi - この投稿者のレビュー一覧を見る

攻めの雪也、本当に『焦がれる』と言うことはこういう事かと教えてくれるんです。『愛してる』では足りないんです。自分の全ては相手のために存在している。そんな感じの攻め。受けを自分の元に置くにはどうしたらいいのか、受けの精神的な面、身体的な面、経済的な面すべてをフォロし、生活するために生きて努力していると言っても過言ではありません。

ここまで惚れ込まれては恐れ慄き逃げ出す気さえなくして愛おしくしか感じなくなるに違いありません。そういう意味では受けの(ある意味可哀想な)数馬は器が大きく懐が深い。

ほの暗く二人だけの世界で完結してしまいますが、それはそれで二人が幸せならいいのではないでしょうか。巻き込まれた者は浮かばれませんがwww
大好きな宮緒先生らしい執着すげーー!!なお話でした。
外でデートとかの場面も見たかったですね。タワマンから下界に降りた二人、その時の雪也の様子とか数馬への態度、周りへのけん制なんかに興味があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【限定おまけ付き】 掌の檻

電子書籍【限定おまけ付き】 掌の檻

2016/03/05 00:25

ヤンデレ大好きなもので。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:またろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

掌の檻とかいかにもなタイトルですし表紙も大好きな座裏屋先生でしたので購入しました。攻めが綿密に、周到に受けを追い込んで自分の元に堕ちてくるようにするシチュエーションがとにかく好きです。でも最終的にそれでこの人たちは幸せなんだろうかと疑問に思う人も出てくるかもしれません。全体を通してややほの暗い感じですからね・・・私も何もかも投げ出して堕ちてしまうより、受けも自分の意志を持ってちゃんと一緒に生きていく姿勢がある方が幸せです。でも色んな形がある!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【限定おまけ付き】 掌の檻

電子書籍【限定おまけ付き】 掌の檻

2018/05/05 14:48

色々な愛の形。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

再会ものと思いきや、とんでもないお話でした。

弁護士となった攻めとサラリーマンの受け。受けのピンチを攻めが助けたことで、二人の関係が進展します。

二人の過去では、受けの方が攻めをリードする側だったのに、社会人として再会したら、攻めが育っていてビックリです。

ストーリーが進むにつれて受けが追い詰められ、本当の黒幕が判明します。

けれどそれを、攻めなりの愛し方なのだと、一周どころか二、三周回って理解した受けは、器が大きいなぁと思いました。

相手に全てを委ねる、「金魚のような存在」は、私には怖くて出来ませんから・・・

攻めの心情も気になったので、攻め視点もあれば読みたかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【限定おまけ付き】 掌の檻

電子書籍【限定おまけ付き】 掌の檻

2017/11/01 09:26

期待外れ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっぴい - この投稿者のレビュー一覧を見る

座裏屋さんのイラストが見たくて購入しましたが表紙だけでした。
みなさんの評価が高かったので楽しみにしていましたが、物語の先も読めるし心理描写が足りないしで拍子抜けです。文章は上手いので苦痛なく読めました。
全然狂気を感じないのは丸木文華さんの作品を読み過ぎてしまったからかもしれません。
エロも控え目でしたね。これでこの値段なのか、長すぎる部分カットすれば良いのにと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示