サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

【電子限定おまけ付き】 さよならガラスの恋心 みんなのレビュー

  • 伊勢原ささら, 麻々原絵里依
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

なんと!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ささら先生の作品は優しくて読んでいていつもホッとします。

夏希は精神的な面で弱く、でも優しい子なんだなっていうのが伝わってきて副島が夏希を優しく包み込んでくれて、美樹本につきてはやだこんな人!って思いながら読みました。

夏希が辛い時は副島が支えてくれて、副島のポイント高いです。挿絵が入ってなかったのは残念でしたが、最後はえぇぇぇ!ってびっくり仰天でした。

私は読んで正解だと思いました!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

そばにいるよ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

悲しい過去とトラウマがある受けが、ずっと見守っていた攻めと付き合って幸せになるお話。

ネタバレがあります。

ゲームソフト会社に勤め無口だけど頼り甲斐のある攻めと、思いやりがあってでも心の弱い定食屋で働く受け。本編は受け視点、続く短編と電子限定版は攻め視点。

追い出されるように故郷を離れ東京に出てきた受けは、運良く人のいい老夫婦が営む定食屋に職を得ます。と、そこで攻めと、攻めの同僚で後に付き合うこととなる彼氏と出会います。

彼からのモーションで始まった交際は、うまくいっているようには見えません。でも原因は自分にあると責める受けを攻めは見守り、時には励まし、いつも寄り添うのです。彼より攻めの方がいい人だし、攻めの気持ちは受けに向いているから、もう奪っちゃえ!と思いながら読み進めていたら・・・

自己防衛、とでも言うのでしょうか。弱っていた心を守るため、受けはある事をしていたのです。それでも受け最優先な攻めに、受けだけでなく私もハートを掴まれました。まるで武士・・・いや、騎士かな?受けの気持ちを先回りして、包み込んでくれる優しさもある人です。

だから二人が付き合うことになった時は、本当に良かったと思いました。つらいだろうに受けが自分で事実を確かめる強さを持てたのは、攻めのおかげでしょう。疎遠だった実家とも仲良くなれそうだし。

攻め視点のお話は、同棲を始めて幸せでラブラブな二人の様子が読めます。あとがきにある「無口同士のカップル」がコンセプトの一つだったのは、本編までです。

受けのネガティヴさに、もどかしく感じる時もありますが、攻めのように見守ってあげてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

幸薄い青年とそれを見守る器の大きな攻の話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後はハピエンでホッとします。
受の元カレ美樹本が酷いやつなんですが、想像の方がジワジワ怖くて
実際の美樹本自身は普通のロクデナシだったのでちょっと肩透かしでした。
健気受のいい話だったのですが、私には少しホラーチックに感じました。

電子限定ストーリー、副島の作ったゲームに夢中になる夏季と
それに嫉妬する副島の話がコメディタッチで、
個人的にはこの話に救われた感があります。
この話は紙本にも入れてあげたほうが良いように思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本さよならガラスの恋心

2018/09/10 08:20

寡黙攻め×薄幸臆病受け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tix - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋愛面だけでなく、家族、友人関係で不幸な過去があり、
上京してしばらくは心療内科にも通っていたという幸薄い受け。
対人恐怖症気味で、慣れた人以外にはいつもオドオドしてます。

あらすじ読んで分かるように、攻めは副島なんですが、
元々受けが付き合ってるのは美樹本。
そのため美樹本とのエピが多くて、副島とのエピが少ないのが難点。
美樹本に関するオチは初めから予想できるので
もう少しボリュームを落として、副島を重点的に描いて欲しい。
受け視点&寡黙攻めだから、沢山エピ出してもらわないと、
攻めの人となりとか受けに惹かれた経緯とかよく分からないんです。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。