サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍

アヴァロニスシリーズ みんなのレビュー

  • 六青みつみ, カゼキショウ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

黒曜の災厄は愛を導く

紙の本黒曜の災厄は愛を導く

2016/04/27 01:30

巻き込まれ異世界トリップ物。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤児の秋人は、神子として召喚された春夏と言葉の通じない場所へ放り出される。
そこは黒目黒髪の秋人が蔑まれる世界で…という話。
Webではちょっと前によくありましたが、やっぱ商業作家さんが書くと世界観の設定が細かくて楽しかった。
秋人だけが辛い目に合うので、試練系薄幸受けが好きな人にはドンピシャかも。
サバイバルシーンにドキドキしました。
ラブはもうちょっとほしかったですし、むしろここから後の秋人が気になるので、3巻目くらいでぜひレン秋でやってほしいです。
イラストは綺麗なのですが、髪型等に異世界感が足りないのが残念でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

黒曜に導かれて愛を見つけた男の話

レンドルフが なんだか可愛いです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れん - この投稿者のレビュー一覧を見る

アキ視点の物語がとても良かったので 買ってしまいました アキの物語で 行方不明の間レンドルフは何してたんだ~とか いろいろ謎だった部分がわかりよかったです
特に いつも落ち着いて 堂々としているレンドルフが 実はアキの事になるととんでもない思考回路になっていたところが大変面白く なんだかとても可愛いかったです 言葉が通じないって 本当に大変ですよね~
レンドルフが気をきかせて話した事が 後から裏目にでて 話がこんがらがるところなど なんとも気の毒でしたが 笑えました
一通り読んだあと 部分的に 2冊をくらべながら読んでみるのも楽しいと思います
レンドルフもアキも とても魅力的で良い人たちなので お似合いのカップルと思います
アキは賢いですし 言葉も0Kになりましたのでこれからレンドルフの片腕として 活躍できそうですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

黒曜の災厄は愛を導く

電子書籍黒曜の災厄は愛を導く

2018/05/31 13:25

波乱万丈 お幸せに~という物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れん - この投稿者のレビュー一覧を見る

アキのキャラクターがすごく好きです
正義感が強くて 真面目なよいこです 頭も良いし~
けれど そればかりではなく 嫉妬もするし 少しいじけちゃったりもする
生い立ちが 恵まれていなくて この世界にきても もっと恵まれていないどころか どん底で だけど 考えるよりも早く 行動に出てしまう 気高い男の子です
酷い目にばかりあって ものすごくかわいそうだけど がんばります。
それがあるから なおさらレンドルフと幸せになって よかった~本当によかった~
神様は わかっているのね 
波乱万丈 終わりは とてもよしという お話です。
おもしろかった~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

金緑の神子と神殺しの王 (2)

電子書籍金緑の神子と神殺しの王 (2)

2018/05/11 13:16

面白かったです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みどり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハルカ視点から描かれているので、アホな子風の軽いタッチで、酷い事されてても激しく重く感じずに読めました。(えらい酷い目に合ってるんですけどね…)
でもアホな子の中身は自分を守るべく、寂しさと辛さを感じない為の鎧だったかなぁと思うと、最後の最後にルシアスと通じあえて良かったなぁと感動しました。
大好きなアキちゃんへの届かない(笑)思いやりも私はハルカが可愛くて仕方ない一つです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

黒曜に導かれて愛を見つけた男の話

待ったかいがありました!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モフもふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きなシリーズなので予約して待っていました、予想以上に待ちましたがようやく発売!でも待ったかいがありました!期待以上に甘々で両片思いのイチャラブを堪能できます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

黒曜に導かれて愛を見つけた男の話

比喩でなく待ちに待った・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

別名つけるなら「おじさんの初恋」かなと。延期に次ぐ延期ですごく待たされましたが、ボリュームもあり全シリーズ読むと完全に物語が補完されます。初恋に右往左往するレンドルフがほほえましいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黒曜の災厄は愛を導く

紙の本黒曜の災厄は愛を導く

2016/06/15 12:46

主人公がとてもかわいそうで…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今作は御無体というより肉体的に痛々しいです。六青先生は不遇な主人公書かせたらピカイチですね…。後半ようやく初々しい恋愛模様描き出されますので、前半の悲惨さと相まってとてもほっこりしました。今回も小動物…らしき生き物も出てきて、こちらもかわいらしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

金緑の神子と神殺しの王

紙の本金緑の神子と神殺しの王

2016/06/15 12:40

黒曜のハルカ編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作のアキの悲惨さに比べたらハルカ編はまだぬるいかと。アキ編からは垣間見られなかったハルカの心情やレンドルフのセリフの詳細がわかってアキ編読み返したくなりました。だた、今回の本はハルカ編とレンドルフ編が収録されててどちらも続き待ちです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

金緑の神子と神殺しの王

紙の本金緑の神子と神殺しの王

2016/05/30 00:43

王候補×トリップした呑気系高校生。次巻につづく…!!

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな友人とトリップした春夏は、神子として自由の無いまま1人で王宮に離されて…という話。

先に出ている黒曜~の、春夏始点です。
この巻からでも問題ありません。
彼なりにつらい人生を歩んでいて、育まれてきた生死観については読んでいて悲しくなりますね。
でも黒曜を先に読んだからか、春夏がのほほんしてる間も秋人は…ってよぎって、話に集中しづらいのもありました。
春夏フィルターかかってるから、それほどイラッとはしなかったのですが。
ただ、黒曜~読んでなくても、秋人から可哀想な気配する…って気になってると思います。

そして春夏編もレンドルフ編も未完のまま次巻って…鬼畜( ノД`)
販促的に仕方ないかもですが。
ストーリー的にはワクワクもあり問題ないですが、2編とも盛り上がりに向かってる段階で続く状態で、全体的に中途半端でした。
はよ次巻…!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

黒曜に導かれて愛を見つけた男の話

長いお預けでした!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スズメ - この投稿者のレビュー一覧を見る

発売までも長かったけど、レンドルフの苦悩の日々も長かったんですね。為政者として、指揮官としてとても優秀なレンドルフ。すばらしくできる男なんですが、それなのに『なぜ?』と突っ込みを入れたくなる箇所満載でした。恋愛偏差値が低すぎる上に、恋は盲目状態が重なり大変です。レンドルフ目線の秋人の描写には恐れ入りました。本人も語ってます。『今なら詩人になって傑作が書ける』と。まさに傑作。かと思うと、クロに対するぞんざいな描写。この対比も面白いです。
言葉が通じるようになり、臆面なく愛を語り、秋人を乞う場面もよかった。今まで語らなかったレンドルフの辛い状況や、秋人への
深い愛(これは分かっている)が伝わりました。残念だったのは、秋人の演奏を初めて聞いた時の感想。実は他に意識がいってしまい、音楽に浸れなかった心境は分かりますが、私個人としてはすごく残念。晴れて両思いになったので、是非愛の歌でも、奏でてもらって下さいね。国を建て直すのには、まだまだ時間がかかりそうです。2人とクロの話がまた読みたいです。あと、ルシアスと秋人が互いを認めあうような、話も読んでみたいです。没交渉だったので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

金緑の神子と神殺しの王 (2)

電子書籍金緑の神子と神殺しの王 (2)

2018/03/05 01:44

あれ!?レンドルフ編が!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

ええー!レンドルフ編が完結入ってなかった!!
まあ、ハルカ編完結したので良かったてことにします。欲を言えばアキ編のその後をもうちょっと続き欲しいです。全然ラブないし!納得いかないし、ランドルフ完結期待込めて☆4

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

金緑の神子と神殺しの王 2

紙の本金緑の神子と神殺しの王 2

2016/12/30 12:29

ハルカ編完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハルカが基本あほの子なので、物語そのものはすごくシリアスなのにどこかのほほんとした感じが漂っててちょっと好みが分かれるかも。秋人サイドの話はあまりでてこないのでそちらが好きだったらちょっと肩透かし感があると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

金緑の神子と神殺しの王 (2)

電子書籍金緑の神子と神殺しの王 (2)

2017/01/12 09:27

期待外れ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くるつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一巻に当たる『黒曜』と二巻に当たる『金緑1』は面白かったけど、本作はイマイチ。

『金緑1』のあとがきで「次巻はエロ頑張ります」とのことそれほどでもなかった。あらすじのようにあっさり流されてしまう事が多く、エロというより春夏が酷い目にあってる事を強調するのに重きを置き過ぎたのかなと。

あとがきによると作者は体調不良とか色々苦しい状況だったみたいだけど、元気になってから書いて欲しかったかも。何より『金緑1』で予告されてたレンドルフ側視点迄辿りつかなかった事が不満。
バカな子春夏にも実は色々あるし、エロ神の成り立ちに、春夏が知らされてない国事情とかもあるのよね〜と今迄謎で来た分を説明しなくてはならなかったのかもしれないけど、全ての決着はレンドルフ視点に持って行った方が面白かったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

金緑の神子と神殺しの王

電子書籍金緑の神子と神殺しの王

2016/06/02 20:02

生殺し…

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ネリラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「黒曜の~」の別視点のお話ですね。一緒にトリップしてしまったのに、災難続きの秋人君とは打って変わって神子様に祭り上げられてしまった春夏君が主人公。
ネグレクト等々育ってきた環境故に深く望まない、考えない、諦観でもって自分を守ってきた(それゆえにアホのように思われてしまう)のでしょうが、それにしても想像以上の危機意識&状況把握能力の低さに驚きでした、春夏君(苦笑) コレはアキちゃん苦労しただろう…とうっかり秋人君に同情してしまいました。「黒曜~」で秋人君に感情移入しすぎて、あまり春夏君に良いイメージがなかったせいでしょうか…。
その春夏君にも「黒曜~」では描かれなかった神子としての苦労があったんだよきっと、だから新刊で良くないイメージ払拭しておくれよと期待していた今回の続編(?)なのですが、中途半端なところで「続く」になってしまっているため、かなり消化不良な気分でイメージ払拭には至らず(笑)
甘ったれのおバカさんで、アキちゃんに助けてもらうのが普通だった春夏君が、今後どのように変化していくのか、自分の足で歩いていけるようになるのか、さらなる続きに期待するばかりです(甘える先がアキちゃんからルシアスさんに変わるだけ、というのは勘弁してほしいなぁ…)
それにしても、春夏君視点・レンドルフさん視点でそれぞれ1冊にまとめていただきたかったものです。生殺し状態ですよ、これは(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

金緑の神子と神殺しの王 2

紙の本金緑の神子と神殺しの王 2

2016/12/30 14:05

期待外れも甚だしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ネリラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作では春夏編、レンドルフ編のどちらも中途半端なところで終わっていましたが、本作は頁数の都合により、春夏編のみとのことで。レンドルフ編を楽しみにしてたのに…!
収録内容が変わるのであれば、前もってお知らせしてくれてもいいのではないでしょうか。今時はサイトなりツイッターなり手段はいくらでもあるのですから。

なお、1冊丸ごと2段組のぎゅう詰めで、一見読み応えがありそうな春夏編ですが、1回読めばもういいや、という程度の内容でした。

文章は読みづらいうえに、文字数・頁数のコントロールができない作家さんというのは知ってましたが、それにしても数ヶ月近く延期を繰り返して待たされた挙げ句がこの程度の作品なのかと思うと、ひどく残念な気持ちです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示