サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

電子書籍

天使シリーズ みんなのレビュー

  • 高岡ミズミ (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍

天使の爪痕

電子書籍天使の爪痕

2016/11/19 10:50

「天使の啼く夜」の続編。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

天使シリーズはこちらのほうが好きです。ヤクザの組長の息子だけど繊細な聡明。カタギだけどヤクザ社会に近い所で生きている東吾。高校生で知り合ってから30歳の現在まで、好きだという気持ちを隠して東吾の「友人」を続ける聡明の「片想い」が切ない。ラストの展開がたまらなくいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天使の片羽

紙の本天使の片羽

2012/10/12 23:44

シリーズその3

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ最終巻です。
会社社長の息子、陽一(攻め)と陽一の家庭教師、志水(受け)のお話です。
このシリーズは3作共にリンクしています。
なので今作は一作目から出ている志水がメインのお話になります。
志水の過去と、そこに絡んでくる陽一や陽一の父親。
陽一は最初の頃はとても荒んだ印象だったのが志水に出会ってからはたくさん努力します。
根は良い子だったんですねぇ。
でも志水は陽一の父親が過去にした事を知り、それを許せずに陽一の元を突然去ります。
その後陽一は自分の父親がやってきた所業を知ることになります。
数年後の再会、さらなる別離、そしてラストへ向けて・・・と展開していきます。
このお話はとても切なかったですね。ちょっとホロリとしてしまいました。
読み終えてみて思ったのがこのシリーズはすべてお話の最後はぼかして終わり、ということでしょうか。
だからちょっとばかり物足りなさを感じてしまうのかなぁ。
登場人物たちのその後が気になるシリーズでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天使の爪痕

紙の本天使の爪痕

2012/10/12 22:05

シリーズその2

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

手広く事業を展開している桐嶋(攻め)と、とある組長の息子、瀬ノ尾(受け)のお話です。
二人は高校時代の元同級生。
現在二人とも30歳の設定なので15年も瀬ノ尾は桐嶋に恋心を抱いています。
でも好きだと打ち明けることが出来ず、瀬ノ尾は恋人と同棲中。
瀬ノ尾って一人でぐるぐる悩み続ける人でした。
桐嶋の気持ちも途中までよく分からなくて、どうオチがつくのかなぁと思ったくらいです。
まぁ、微妙なハッピーエンドでしたがこれはこれでいいのかな。
前作の田宮と伊佐も少し出ています。桐嶋の尻拭いは結構大変そうです。
その後の桐嶋と瀬ノ尾が気になるなぁ。
次はラスト「天使の片羽」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天使の啼く夜

紙の本天使の啼く夜

2012/10/09 18:47

シリーズその1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

人材派遣会社経営の田宮(受け)とその田宮に拾われる伊佐(攻め)のお話です。
田宮には固く決意したことがあります。その決意したことを決行するために田宮は拾われるのです。
伊佐視点でお話が進むので田宮のことや、田宮の思惑などがなかなか分かりません。
とてもじれったいのです。
で、田宮がなぜ、ただ拾っただけの伊佐のことを好きになったのか?も最後まで分かりませんでした。
なんだかとても、もやもやーっとした感じが残るお話なのです。
全体的に物足りなさを感じてしまった作品でした。ちょっと残念感が残ります。
心に残ったのは奈良さんのイラストかなぁ。この頃はとても秀麗でしたね。
このお話にはスピンオフがあります。
次は「天使の爪痕」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示