サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第3週目(10/13~10/19)

電子書籍

グリーン車の不思議 みんなのレビュー

  • 佐藤正樹
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学

グリーン車を越えるアイデアを出してもらいたい

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

グリーン車が誕生してからもう40年以上が経過する。その40年の間にグリーン車はどのように変転してきたか、あるいはグリーン車以前はどうであったかを書き綴ったものである。鉄道ファンしか読みそうもない新書ではある。

 筆者は北海道出身なので、北海道のグリーン車あるいはそれ以前から話は始まっている。私の場合は横須賀線である。現在もそうであるが、中電にしてグリーン車2両が必ず連結されている。グリーン車以前は2等車で水色の帯、次は1等車でライトグリーンの帯であった。

 グリーン車になるとその帯が取れて、入口にグリーン車のマークが付されることになった。1等車、2等車は普通乗車券の他にそれぞれの切符が必要であったが、これが当初は運賃の倍以上した記憶がある。グリーン券はそれを安価にするために導入された記憶があるが、ほとんど変化がないのはどういうわけか。その料金の変遷も詳しく書かれている。

 グリーン車に付きものなのは背板が後ろに倒れていくリクライニング・シートである。これにも色々な態様があって、本編に詳細に記述されているのでじっくり読んでもらいたい。こういう普通車両にない設備こそグリーン料金を支払う価値の有無につながるのである。

 東海道線の通勤車両に連結されているグリーン車では、しばらく前には回数券の発売日の早朝から行列ができるという現象があったが、現在はどうなのであろうか。早朝といっても3時、4時である。かなり異常で過熱している。それほどニーズがあるのであれば、JRも増発、増結すべきであろう、株式会社なのだから。

 私鉄にはグリーン車に相当するものはないが、優等列車の車両を利用して通勤用に何々ライナーという名称で運転するようになった。グリーン車のようなものは連結したり外したりするのが難しいのであろう。

 いずれにしてもわが国も豊かになったようで、快適な旅行や通勤をしたいというニーズは高まり、乗客はお金を払ってくれるようになった。鉄道側の対応が遅れているような気がしてならない。そのニーズを先取りするようなアイデアを提供して欲しいものだ。グリーン料金を値上げするだけでは能がない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示