サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

修正:全商品20%OFFクーポン(1020-22)

電子書籍

蒸気機関車の動態保存 みんなのレビュー

  • 青田孝
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

蒸気機関車の動態保存 地方私鉄の救世主になりうるか

復活の苦労

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でんしゃずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

蒸気機関車の動態保存について取材した本である。
蒸気機関車を動かせる状態に復元するのはもちろんのこと,その状態を維持し続けることもまた困難なことが理解出来る。これだけの手間が掛かっても,国鉄民営化後,国鉄時代よりも蒸気機関車の復活が相次いだ印象があるのは,「投資額に見合う収益」が期待されるからだろうと思った。しかし,そうであるならば,即ち動く蒸気機関車のインフレ化が進展したのだから,もはや蒸気機関車による集客効果は期待出来ないのではないか,とも思ってしまう。
また,紙数の都合だと思うが,本書では,機関車と切っても切れない関係にある「客車」について触れられていない。以前鉄道誌で,復活した蒸気機関車が引く客車のデザインがひどい,という趣旨の意見を見た覚えがある。「現役時代の姿を伝える」という観点からすれば,客車も機関車同様に古い物を復元するか,JR西日本が今年発表した様に,現役時代の姿に似せた物を新造しなければならない。「蒸気機関車の動態保存」で人々,特に沿線自治体が期待するのは,「蒸気機関車が客を乗せた客車を引いて走ること」であって,「機関車だけが自力走行すること」では決して無いと思う。「乗る」のでは無く,「撮る」ために大勢の人が来ることも地元小売業者では期待するだろうが,機関車だけが走っていても被写体としての魅力に欠ける,そんな気がする。
さて,秩父鉄道の蒸気機関車が引く列車の名称説明の部分は疑問に感じる。
P112の1行目。「カバもしくはセイウチに似た姿」という箇所である。
いくら動物に無知な私でも,この2種の動物の下部は「足」と「鰭」で全く異なることぐらいは分かる。つまり,「もしくは」という言葉でこの2種の動物名をつなぐのは奇妙だと思うのである。
不満も述べたが,主題から「脱線」した記述も面白い。蒸気機関車復活について詳しく知りたい方はもちろんのこと,機械に関心のある方にもお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示