サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全商品20%OFFクーポン(0922-24)

電子書籍

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 みんなのレビュー

  • 小宮一慶 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる

頭の体操

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまのぷー - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく数字に弱く逃げてきましたが、この本なら気楽に読めそうと思い手にとりました。数字嫌いでも自然と引き込まれるような内容で、違和感なく読み頭に叩き込むことができました。とても参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる

数字で判断する力とは?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

「数字だけで判断する」というと、物事の上滑りだけ見て本質を
見ないかのような印象が有った。
だが、そんな私の偏見を覆してくれたのが本書。

数字で表現することは具体化であり、目標達成のためのプロセスを
はっきりさせること だと小宮氏は言う。

数字を疎かにする人は、抽象的な説明しか出来ず説得力に乏しい。
また、誘導的に使われたマスコミの数字などを疑いなく受け止めて
しまい、その数字が何に基づいて いるのかなど考えず騙されやすい。

大事な数字を抑えておけば、世の中を把握できる。そして、数字と
数字の関連性。 例えば、前年比、海外との比較、同業間の比較、
平均との比較などで、「自分が属する場所はどの辺」ということを
理解出来るようになる。

この他にも小宮氏は、数字力の鍛え方、数字力の阻害となる要因
などを解説している。

何度か読み返して、数字力を身に付けていきたいと思った一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる

数字力を身に付けると見える景色が変わる

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ビジネスマンにとっての「数字力」を把握力、具体化力、目標達成力の3つに定義している。これらは相互に関連している。数字を使って「具体化」することで物事を把握しやすくなる。数値化し定量化し、分析することで課題を明らかにし、具体的な目標に落とし込むことが可能になる。目標達成までのプロセスを逆算することで「目標達成力」が上がることになるのである。数値で具体化することで説得力も高まり、新たな発想も生まれる。
 著者は会計が専門だが、ビジネスマンの実情を見て、会計や金融以前に「数字」に対する感覚・リテラシー、見方・扱い方の基本を身に付けることが重要、と考え、本書を書いた。「数字力」は「物事を論理的に推論し、把握していくためのツールであると同時に、自分の夢やゴールを達成するためのツールともなる」から生きる力の一つとして、またビジネスパーソンには必須のスキルと言える。数字力が身に付くと世の中の見え方が変わってくるのだという。
 数字力を上げるための3つのステップを、数字の把握、数字と数字の関連付け、数字を作る、としている。これは最初の3つの力の説明にも重なる。把握した数字の相関関係などを知ることが発想力やひらめきにつながり、それに基づき目標を数字で設定していくのだ。
 第2章では数字の見方の「七つの基本」を、第3章では数字を見誤る「六つの数字の罠」を、第4章では数字力が高める「五つの習慣」と実践訓練法について解説している。難解な数式などはなく、具体例を挙げて分かりやすく書かれていて、すぐに役立つものばかりである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示