サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

NASAより宇宙に近い町工場 みんなのレビュー

  • 植松努 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

NASAより宇宙に近い町工場

電子書籍NASAより宇宙に近い町工場

2015/11/26 08:12

自分のやっていることに自信が持てる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apfel - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の住む北海道にこんな方(こんな会社)があるとは知りませんでした。著者の植松努さんを知ったのは新聞に載っていた著書「空想教室」の広告です。「下町ロケット」を読了したあとだったので、余計に興味が湧き、著者のことをインターネットで調べました。とても前向きな方という印象です。本書は、優しい語り口で読みやすいです。
私は社内プログラマー。何もない真っ白なテキストエディターにプログラムを打ち込んでシステムを作り上げていくことが好きです。そして、本業ではありませんが、IllustratorやPhotoshopでのグラフィックデザインやWebデザインが好きです。
グラフィックデザインに励んでいる私に対して、上司に「お金にならないことをしている」と言われたことがあります。それでもデザインすることを止めはしませんでした。結果、社内のポスターコンクールで賞をいただくことができました。他の社員から、プレゼンスライドやパンフレット等のデザインを任せれるようになりました。
「好きなことが仕事につながる」
この本を読んで、大好きなグラフィックデザインをこれからも続けていこうと決心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ

勇気をもらえる本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たる - この投稿者のレビュー一覧を見る

再読。定期的に読みたくなる程、良書。著者は「どうせ無理」を無くすために北海道の(あえて言うならば)田舎の町工場で宇宙開発に取り組んでいる。宇宙には誰もが夢を感じる。が、みんな諦めてしまう。だからこそ、宇宙開発をすることで夢を諦めなくていいと示している。うまく行かなくなったら「だったらこうしてみたら?」と、優しく背中を押してくれる本。自分はショッカーになってないかな?大丈夫かな?高校生、大学生にオススメ。著者のFacebookも是非。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ

やる気と希望を与えてくれる本

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KASHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

 町工場の社長である著者は、学生の頃決して成績優秀な人ではなかったようだ。けれども、「できるまであきらめない」信念をもちつづけ挑戦してきたことで、宇宙関連の研究知識は今やNASAにも引けをとらない世界有数の会社にのぼりつめることができた。(なんと自社開発ロケットを年間何発も打ち上げているという、またこの会社が自前で作ったの研究施設を利用したいと世界中から研究者がやってくるというからすごい!)
 
 なぜ、従業員数数名の小さな町工場がそんな力をもつまでに至ったかを著者自身の言葉で語ってくれているため、説得力があり、納得できる内容である。
 
 単なる自慢話が書かれた本ではなく、私たちに成功する秘訣やポイントを教えてくれる。単に読み物としても面白く感じられるし読みやすい文章なので普段あまり活字に触れない人でもすんなりと読めると思う。
 
 「成功するポイントは『成功するまで続けること』」だそうだ。
当たり前だろうと馬鹿にしてはいけない。続けること(あきらめないこと)って結構大変である。物事に行き詰ったとき、改めて思い返させてくれる貴重な本でもある。
 
 是非手にとって読んでみていただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示