サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品20%OFFクーポン(1123-26)

電子書籍

アニスと不機嫌な魔法使い みんなのレビュー

  • 花房牧生 (著), 植田 亮
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

アニスと不機嫌な魔法使い 3

紙の本アニスと不機嫌な魔法使い 3

2010/04/21 09:48

モテモテのジーク

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なぜかよく分からないけれど、急にジークがモテモテになる。一方はもちろんビアンカだけれど、もう一方の少女は牙狼傭兵団ともつながりがあるみたい。
 魔導士ギルドの召喚を受けてシドたち4人が訪れたギルド本部で起きる衝突。既巻で登場した敵方も相次いで現れ、事態は核心へと向かっていきます。モテた分だけジークにも見せ場が与えられてますね。

 シドの古い友人であるムルタンが、普段はまったく自分のことを語らないシドの心中をつまびらかにする語り部としての役割を果たしています。
 しかし、後半のアニスは、1巻の前半と同じ感じで、あんまり成長が見られない気もするなあ。まあそれが、彼女の持ち味なんだろうけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アニスと不機嫌な魔法使い

紙の本アニスと不機嫌な魔法使い

2010/04/25 00:30

アニスが導く様々な変化

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 殊勝な態度で塔から一歩も外に出ない決意を固めるアニスを気遣って、みんなでジークの家に遊びに行くことになる。マリエルたちも集まって、みんなでお祭りに行こうと出かける矢先に事件が起きる。
 その頃シドは、全土を巡り始める召喚者狩りの包囲網をぶち壊すべく、ジークの祖父オレグと計って行動を開始していた。しかし、その前には、魔術師たちを束ねる巫女姫が現れ、思いもよらぬ要求を突き付けて来た。

 盛り上がってこれから、というところで打ち切り模様の終わり方に。きっとみんながこの本を購入すれば、いずれ続編が出版されるはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アニスと不機嫌な魔法使い 2

紙の本アニスと不機嫌な魔法使い 2

2010/04/19 22:26

アニスとマリエル

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アニスの下に、クールデール卿と名乗る白蛇みたいな竜が、教育係として派遣されてきます。そして時を同じくして、召喚者を狩る傭兵団の存在も明らかになります。この傭兵団は、どうやらシドと何か因縁があるみたい。
 傭兵団を捕まえる助力を得るために、シドとアニス、ビアンカは代理公のお屋敷へ向かいます。そこでアニスは、代理公夫妻と二人の娘、マリエルとロッテに出会います。この二人とアニスが繰り広げる出来事の数々は、まさに女の子という感じ。特に、アニスとマリエルみたいな女子中学生はどこかにいそう。
 シドの過去にまつわる因縁が、アニスの未来に影を落とし始めます。

 そういえば、1巻の内容に対するフォローが少しされていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アニスと不機嫌な魔法使い 4

紙の本アニスと不機嫌な魔法使い 4

2010/04/18 22:30

イメージする思春期の少女

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 不老の呪いを持つ火の魔導師シドは、古い知り合いのシスターポーラから、アニスという少女を預けられる。彼女は水の魔導師セイに狙われているらしい。
 シドの下で暮らすようになったアニスだが、シドは人との接し方がぶっきら棒だし、アニスは意地っ張りですぐ癇癪を起し、しかも妄想癖があるので、なかなか上手くいかない。同じ塔に暮らす、剣士のジークや変身能力を持つビアンカが仲を取り持とうとするのだが、起きるのは感情的なすれ違いばかりだ。
 自分で身を守れるようにと、シドはアニスに魔法や剣を学ばせようとするのだが、どうやらあまり才能がないらしく、全く身に付かない。身につけるまで外には出さないというシドに反発し、アニスは飛び出そうとするのだが…。

 悪い魔法使いと狙われる少女、彼女を護ろうとする魔法使いと、設定は完全なファンタジー。当初、アニスのキャラクターが濃く、若干ウザいと思ってしまったが、後半に行くに従って落ち着いてきた。時々、脈絡なく情報が出てきたりする筋のおかしなところがあったり、舞台がほとんど塔の近辺しかないかったりするけれど、なんかこう、掛け合いがかなり面白いんじゃないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示