サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:10%OFFクーポン

「文庫」ジャンル1,500円以上に使える最大30%OFFクーポン

電子書籍

僕はやっぱり みんなのレビュー

  • 望公太, タカツキイチ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

僕はやっぱり気づかない 1

紙の本僕はやっぱり気づかない 1

2012/01/23 21:05

もうこれ、わざとなんじゃないのかな?

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この世には正義の味方なんていない。平凡な毎日しかないけれど、それでも十分楽しめる。それが、籠島諦が持っている信念だ。そんな彼の周りには、他の人とはちょっと違った女の子たちがいる。

 クラスメイトの織野栞は、研究機関に開発された超能力者で、反逆した超能力者を倒すために戦っている、という設定の映画に参加している女の子。トリックとは思えない超能力による派手なアクションがあったり、大学サークルとは思えない大爆発も起きるけれど、本物の超能力者なんているはずがないから全部気のせい。
 後輩の栗栖・クリムゾン・紅莉亜は、怪物に寸断された僕の右手を魔法で直してくれた様な気がするけれど、それは全部僕の夢。魔法使いみたいなローブを着ているけれど、それもマンガのコスプレだろう。だって異世界から来ている魔法使いなんているはずがないから、全部気のせい。

 先輩の神楽井もにゅみは、未来からネット世界の平和を守るために来た電脳戦士で、しゃべるぬいぐるみを持っているみたいにしているけれど、ホントは腹話術で寂しさを紛らわせているかわいそうな人なんだ。
 みんな、一緒に遊んでいても、突然の腹痛や何かで急にいなくなっちゃうけれど、別に呼び出しを受けた正義の味方っていうわけじゃない。だって世界は退屈なんだから。

 そんな鈍感さが、時に憎たらしく、でも、日常から離れたヒロインたちを癒してくれる、無自覚で罪深いほど鈍感な主人公が繰り広げるラブコメです。もうこれ、わざとなんじゃないのかな?
 最近、こういう王道の裏を突く傾向が新作によく見られる気がするなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕はやっぱり気づかない 5

紙の本僕はやっぱり気づかない 5

2015/09/17 15:20

妹は魔法が使えない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏休み終了の二週間前。夜遅くに籠島諦が一人暮らす家へとやって来た栗栖・クリムゾン・紅莉亜は、突然、魔法が使えなくなったと泣きだした。籠島諦は思った。中二病の露出狂も大変だ、と。鏡に入れないから家にも帰れないと言い出した栗栖に現実を見つめさせ、母親が出張で鍵もお金も失くしたという話を聞きだした籠島諦は、彼女を自宅に泊めることにした。
 だが実際、籠島諦は全く気付かないが、栗栖は異世界から来た魔法使いだ。でも彼は気づかないから、彼女と同じ異世界から来たギリエスターク・ディーファ・リクイオ・ソレルともカードゲームをする仲になり、彼の言うクリエステリア・クリムゾン・クリードエンデ・クリストゥフーアが彼の知る栗栖だということにも気づかない。

 それでも、栗栖に連れられて行った彼女の父の墓で出会った栗栖信子が、彼女の祖母であることには気づいた。しかし、栗栖は彼女に孫であるということを言いだそうともせず、籠島諦の妹ということにして欲しいと言ってくる。
 一方、籠島諦の知覚外では、世界は色々と事件が起きていた。ギリエルの探す賢者の石は、実は桔梗院柚希の式神となっている玉音の母である玉藻前の墓標、殺生石であり、それを巡って大バトルが勃発!また、織野栞は組織の仲間と渡った異世界で籠島諦の友達の篠瀬戒に出会ったり、神楽井もにゅ美も髪を切って心機一転していたりする。

 普段は何も気づかない籠島諦が、栗栖の家族を巡る事情には気づき、お互いに真実には触れようともせず、淡い触れ合いだけを続ける関係に、大胆な干渉を開始するのだ。
 そして彼の知らないところで、世界は大きな転機を迎えているらしい。何も気づかないままの彼に、一体何が出来るのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕はやっぱり気づかない 6

紙の本僕はやっぱり気づかない 6

2015/09/28 16:22

ついに気づくとき

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏休みの最後の日。神楽井もにゅ美は自分の宿題が終わっていないにもかかわらず、織野栞の誕生日を祝うサプライズイベントを企画した。会場は籠島諦の家で、栗栖・クリムゾン・紅莉亜ことクリエステリア・クリムゾン・クリードエンデ・クリストゥフーア、桔梗院柚希も参加する。
 翌日、眠ってしまったみんなを起こすために朝早く織野栞がやって来たのだが、籠島諦は気づいた。それが、篠瀬戒の知りあいである読賀衣里だということを。そしてついに、全てに気づいてしまうときがやってくる。

 シリーズ最終巻。打ち切りとかではないと思うが、6巻かけた割には予想を飛び越えることのない終わり方ではあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕はやっぱり気づかない 4

紙の本僕はやっぱり気づかない 4

2015/09/14 16:23

任務と感情のはざまで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

土御門仙三のツテで桔梗院柚希が夏の海の宿泊先を調達して来た。コンピュータ部の合宿ということにして、籠島諦や織野栞、栗栖・クリムゾン・紅莉亜、そして神楽井もにゅ美も一緒に合宿先へと向かう。
 女子陣は当然水着!みんなで楽しく浜辺で遊んだ一日目が終わったところで、奇妙なことが起きる。神楽井もにゅ美以外に、前日の記憶が無くなってしまったのだ。いや、他のメンバーは今日こそが合宿初日目だと思っている。そして世界も、今日が合宿初日だというのだ。

 ラノベの定番とも言うべきループする世界に取り込まれてしまったもにゅ美。自身の主戦場であるネットワーク世界に入ることもできなくなり、万策尽きて、籠島諦に自分が未来人であることを打ち明ける。それをあっさりと信じた籠島諦と共にループを抜け出す方法を探し始めるのだが、そこに、もにゅ美の上司だという石神井ヒヒ彦がやって来て、混乱をもたらしていく。

 いつもはヒロインたちの正体に全く気付かない籠島諦が、ループすれば前回の記憶を失うという特性があるせいか、不思議現象を現実のものとして受け入れる。それには、世界観と事件の原因に基づく、理解可能な理由があるわけだ。
 しかし、彼が不思議現象を受け入れることをこのまない人物も多い。またまた物語の最後に介入してくる篠瀬戒は、全てを台無しにして、それまで積み上げたものを何も成させず無かったことにしようとするのだが…。

 乙女の願望は、時間もせき止めてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕はやっぱり気づかない 3

紙の本僕はやっぱり気づかない 3

2015/08/27 10:25

ヒロイン個別のエピソード集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんな不思議な目にあってもスルーしてしまう鈍感な主人公・籠島諦と、4人のヒロインである栗栖・クリムゾン・紅莉亜、桔梗院柚希、神楽井もにゅ美、織野栞、それぞれの日常のハプニング・エピソードを描く。
 その裏では、機関の構成員である斎条睦月や、籠島諦の友人である謎の男・篠瀬戒と彼に従う読賀衣里などが、世界の秘密を巡って暗躍する。

 魔法薬を飲んでしまって犬になった栗栖と、彼を預かることになった籠島諦の調教イベント。呪いで籠島諦から3メートル以上離れられなくなった桔梗院柚希の恥辱の時間。ガク太と入れ替わってしまった神楽井もにゅ美が手を突っ込まれそうになる体験。やはり魔法薬で子どもになってしまった織野栞のお医者さんごっこ。
 そんな特殊な状況の中で、籠島諦は普段は本人には言わない心情を吐露し、それがヒロインたちを癒す…だけど恥ずかしい目にもあう。

 主人公が何も気づかない中で、周囲だけは刻々と変化しているらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕はやっぱり気づかない 2

紙の本僕はやっぱり気づかない 2

2015/08/21 14:34

蛇蝎のごとく嫌われる主人公

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

安達太良高校に通う籠島諦は、何も気づかない。彼の周りには、機関の超能力者・織野栞というクラスメイトがいたり、未来から来たエージェント・神楽井もにゅ美という先輩がいたり、異世界から来た魔法使いの栗栖・クリムゾン・紅莉亜ことクリエステリア・クリムゾン・クリードエンデ・クリストゥフーア・栗栖という後輩がいたりして、彼は彼女たちの物語に巻き込まれるわけだが、どんな異常な事態もスルーしてしまう。だから彼にとって、彼女たちは普通のどこにでもいる友だちだ。それが何より心地よい。

 今回転校生としてやってくるのは、陰陽師の桔梗院柚希だ。彼女が使役する玉藻前の娘・玉音を妹として紹介したことから、籠島諦に妹とオムツプレイをする変態と誤解されてしまった彼女は、徹底的に彼のことを嫌って遠ざける。しかし彼自身、彼女の本家筋である土御門仙三に10万円を詐欺られてしまったため、自然と事態に巻き込まれることになるのだが、霊力が0の彼には妖怪大戦争も全く見えない。
 一方、突如、籠島諦の幼なじみとして登場した男・篠瀬戒は、いつも神社の参道にいて、なにやら彼の周囲の異常事態について、思わせ振りな言動を取る。なぜ、全てを華麗にスルーする籠島諦の周りでだけ、不思議な人々が集まるのか?

 前回のヒロインたちはほとんど日常パートに顔を出すだけで、今回の事件には関わってこない。彼女たちの物語とは筋が違うし、日常に幸せを感じたいのが彼女たちの願望なのだから、それはそれで良いのだろう。
 そして新たに参加したヒロインは、蛇蝎のごとく主人公のことを嫌う。何も知らない知らないで通してきた彼もようやく、彼の回りに異常なことが集中しているのに気づくのだが、そのとき、彼の前に現れるのは、何でも知っている幼なじみだった。

 本来、相手の異常な言動をスルーするということは、相手のことに全く興味を抱いていないことを表明するのに等しい行為だと思う。だが作者は、相手の言動をスルーしても相手のことを思いやってさえいればALL OKだという考えのようだ。要するに、自分で抱えきれないことならば、スルーした方が相手のためになるのだ、という思想なのだろう。個人的には全く賛同できないが。
 今回、知らないということが事件を解決する上で有利に働いたこともあった。相手の理の外にいるから、その影響を受けないという論理だ。だが知らないまま放置するするならば、相手にとって彼は、理想の夢世界の住人という枠を超えることはない気がする。生身のままで共に歩むという、時には相手の重荷になるような、しかしそれで自分の気持ちが軽くなるような、そんな体験は決して起こりえないということだ。それは何か寂しい関係なのではないだろうか?相手が本当に大切であれば大切であるほど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示