サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

クロス・リンク みんなのレビュー

  • 星野彼方 (著), ぺたんこさいど
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

クロス・リンク~残響少女

紙の本クロス・リンク~残響少女

2010/04/04 20:54

異星人との対話

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校生ネゴシエーター高須賀洋介がエイリアンと人質解放交渉をするという、色々な意味であり得ない設定なので、ちょっと眉をひそめて読み始めたのだが、徐々に面白くなってきた。交渉術を中心とするサスペンス展開と思って読むよりも、自分自身の後悔とそこからの解放というような内的対話をベースとした、過去との決別を未来への物語として読んだ方がふさわしい気がする。

 三章構成になっていて、一章は主人公登場と不可思議状況への自衛隊突入のアクション、二章では自身の精神世界において過去に見殺しにしてしまった少女詩穂の残響と対話をし、三章では自身の過去を飲み下しながら事件の解決に至る。
 一章は、作者曰くB級映画チックで、ボクの好みとは少し違うのだけれど、二章以降は、「銀河鉄道の夜」のニュアンスがある部分があったり、延々と対話を繰り返す場面があったり、個人的には興味深い展開となる。だから、交渉術の様なテクニカルな展開やアクションを期待すると肩透かしを食らうと思う。どちらかというと、対話というコミュニケーション自体を重視して、そこをひたすら追求した内容だと言える。

 作者の中にある考えを熟成させて、B級映画ストーリーに織り込んだ作品と思えるので、その考え自体を全く許容できないならば、作品自体に対して拒絶反応を起こすかも知れない。でもボクは面白く読めました。
 ただ、どういう内容にすれば続編となるかは、かなり難しい問題かもしれない。交渉部分を中心にしたら、本作とあまりに異なる印象を与えるものになってしまうかもしれないし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示