サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

鉄子の旅写真日記 みんなのレビュー

  • 矢野直美 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

鉄子の旅写真日記

鉄子の旅写真日記

2008/10/01 14:21

鉄道旅の幸せ気分がしみじみ伝わってくる

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

鉄子…、そんな愛称で呼ばれている矢野直美さん、あまりにもダイレクトで、それがかなりチャーミング!
女性の鉄道好きを表す愛称なんですね。
旅をしながら撮って書くフォトライターの彼女が綴る旅写真日記、です。

見開きの写真が多く、それも圧倒的な広がりを感じるシーンが多くて、見入ってしまいました。
まるで自分がそこに居合わせたような感覚になるような写真が多かったのです。
私にとっては尾道、牛窓、宮島など見知った風景との再会もあれば、東北地方や沖縄など、まだ足を踏み入れたことの場所までいろいろ。
彼女がカメラを抱えて、電車に飛び乗って、西へ東へ出かけたその足跡がくっきりと残されています。
それが映画のワンシーンのように胸に迫ってくるのです。

途中であれ?と気づいたのは、
写真の撮った具体的な場所の説明があまりないことでした。
そうしたら、おわりにのところに、こうあったのです。
「本著に登場しているのは、旅を通じて私が心をひかれたシーンです。
場所を特定する表現をあえて控えめにし、本のなかでの旅を楽しんでいただけたら、そう願いながら、写真と文章を紡いできました。」とあり、大いに納得。
そんな願いが込められていたのですね。
写真と文章を紡ぐ…という表現もいいなぁ~と思いました。

ほかにも彼女が好きな言葉「オン・ユア・マーク(位置について)」
彼女のテーマ「ゆれて ながれて であう 幸せな瞬間」など、ここちよいフレーズにいくつも出合いました。
そうそう、多くは鉄道の旅をする彼女に「どうして鉄道が好きなのですか」との質問が多いそうで、
そんな時はいつも「恋なんです」と答え続けているんだそうです。
「恋心って、説明するのが難しいですよね。
気がつけば好きになっていて、とにかく好き。
好きな人と一緒にいるのがうれしいように、私は列車に揺られて旅をしていると幸せな気持ちになるのです。」
ほんとう、この本はどのページを開いても、鉄道旅の幸せ気分がしみじみ伝わってくるようでした。

最後の一つ。
たいそう気になるうどん屋さんが登場していました。
なんとJR備後矢野駅の駅舎に入居している「骨董品&うどん屋さん」。
お餅入りのうどんがなんとも美味しそうでした。
気がつけば季節は巡り、温かいうどんが美味しい時期になりましたもんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鉄子の旅写真日記

鉄子の旅写真日記

2009/02/04 19:51

都会人の田舎旅

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

鉄子の旅写真日記 矢野直美 阪急コミュニケーションズ

 あっという間に読み終えてしまいました。これだけたくさんの場所に行ったことがあるのに、ダイジェスト判(概要版)になってしまっていて、なんだかもったいない。
 出だしの「On your mark.」は本の始まりにしては、唐突(とうとつ)ではあるけれど、「位置について」の解釈がいい。いつでもどこでも、よーいどんはできる。いい言葉です。
 写真は美しい。でも、文章はわたしの好みではありません。ひとり旅をしたい女性向けの記述なのでしょう。都会に生まれ育って、都会で働いて生活してきた人の感想という印象をもちました。狭い路地とか、こどもたちの川遊びとか、山の急斜面に立ち並ぶ家々とかは、田舎暮らしを経験したことがあるものにとっては、あたりまえのことであり、またあたりまえの生活でした。
 じっとしていられないから旅に出るのでしょう。ひとりだとさびしいけれど、ひとりだと自由だから、ひとり旅をするのでしょう。
 宮崎県民ののんきさは、今読んでいるスペインの本に書かれているスペイン人の性質と似ているようです。どちらも海や山の幸に恵まれ、かつ人口が少ないから自給自足ができる。なんとなれば、自分で食べ物を調達して食べて生きていけるから、生きるか死ぬかというせっぱつまった状況に陥る(おちいる)ことはない。田舎暮らしの強さでしょう。安芸の宮島にしても本書中にあるように、赤鳥居のそばで地元の人が潮干狩りをしています。たくましい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示