サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

[別パターンA]10月度:コミック ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

ドイツ参謀本部 みんなのレビュー

  • 渡部昇一 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ドイツ参謀本部

紙の本ドイツ参謀本部

2017/04/19 22:37

ドイツ人の戦犯裁判では「職業軍人は対象ではなかった」?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前、中公新書で読んだ本で、著者の世界観には大いに異論はあるが思い出はある本だ。著者が故人になったので買い求めた。
 三十年戦争から大モルトケの時代までは、それなりに書かれていはいる。しかし大モルトケ以降が1章分しかないので、それ以降の歴史が本当に簡単過ぎる。これでシュリーフェンから第二次世界大戦まで書くのは、まず無理だ。最後の参謀総長はグデーリアンではなくクレープス将軍。もっとも、まえがきで「戦争裁判で裁かれたドイツ人はユダヤ人迫害に関係があったナチス関係者だけであり、職業軍人は対象ではなかったという」と書いているところを見ると、少なくとも著者は第二次世界大戦中のドイツの「職業軍人」について、ろくに知らないで、この本を書いたのは分かる。ニュルンベルク裁判の被告人になったカイテル元帥やヨードル将軍、レーダー、デーニッツ両元帥をはじめとして、継続裁判などで裁かれた軍人は「職業軍人」ではなかったのか?この本にはエーリヒ・フォン・マンシュタインの名前が出て来るが、彼が戦犯裁判で有罪になったのを知らなかったのか?
 「固有名詞の発音については、日本語での慣れに従っているところが多く、統一しない」というが、ザクセンとサクソンを併記するのは読者に不親切だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示