サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

電子書籍

こぐこぐ自転車 みんなのレビュー

  • 伊藤礼 著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

こぐこぐ自転車

紙の本こぐこぐ自転車

2011/02/22 17:46

自転車乗りに“定年”はない。

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蜜香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自転車を題材にしたエッセイは珍しくないが、なんと言っても、見どころは、古希から自転車に乗り始めて、日本中を駆け回っている様子。本書は『こぐこぐ自転車』(2005年12月 平凡社)から5年経ってライブラリー版化されたものである。

 著者は、「もうすこしで定年というとき、記念のために、来年からはもう来なくなる学校まで自転車で行ってみようと思い立った」のが自転車に乗るきっかけであったという。ちなみに、著者は元大学教授。つまり「もう来なくなる」とは退官ということ。

 私は、18歳で普通免許を取得して以来、かれこれ20年以上は、ほとんど乗っていない。それがなぜか、40代に突入して、筋肉を目覚めさせよう! と思い立ち、自転車に乗ることにしたのだが、乗ってみると、自転車乗りの“肩身の狭さ”にビックリ。本書の【自転車に乗って知った世の荒波】に、自転車乗りの気持ちを表現しているが、歩道も一人歩くのがやっとのスペースのところもあったり、自転車に乗ることの不便さに、ますます困窮。不具合に度々遭遇するので、三日坊主で乗るのを諦めてしまったが、車に乗っていては気が付かないことばかりで、ある意味、勉強になった。

 自転車乗りに優しくない世の中だが、諦めず、めげずに、都内走行、房州サイクリング、碓氷峠、北海道自転車旅行へと、出かけていく。本当に古希(70歳)? と疑いたくなるが、自転車に乗るための努力を惜しまずに、問題解決していく姿勢には頭が下がる。自転車で転んで、歯が折れ、親指骨折しても、自転車乗りをやめないのは、痛みに勝るほどの魅力が自転車にある、というのは察することができる。男の人というのは、いくつになってもロマンチストであり、少年だなあ、とつくづく感じる。

 筋肉というのは、使わなければどんどん退化していくもの。寝たきりになると動けなくなるというのも、筋肉を使わなくなるからだ。年老いても、著者のように、最初はお尻や足が痛くなり、きつくなっても、毎日のように自転車をこいでいれば、「いつ大地震が来ても大丈夫」なぐらいの頼もしい筋肉のついた脚力になるのかもしれない。私には、到底真似のできない“自転車ライフ”に、ただただ、敬意を表する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こぐこぐ自転車

紙の本こぐこぐ自転車

2017/08/04 23:26

元気をもらえる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学を退官してから自転車を始めると言うこともすごいが、何度も事故で大ケガしているのにめげないところも励まされる。ただの新しもの好きでなく、考え方は年相応に爺くさいのも頼もしい。お元気で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示