サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

[CPあり]2017年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍

ゲイ短編小説集 みんなのレビュー

  • オスカーワイルド 著, D.H.ロレンス 著, 大橋洋一 訳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ゲイ短編小説集

紙の本ゲイ短編小説集

2016/02/08 12:46

ゲイカルチャーの先駆け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今だったら、マイノリティ扱いはされるけれどももうちょっと、生きやすかったかもしれない。
少なくとも、ゲイを理由に投獄される事はない。
容易ではないがカミングアウトも可能だし、レインボーカラーのパレードに参加する事もできる。

そして、改めて書いておこう。 
BL短編小説集ではない。(期待してたなら、在るにはあるので他を当たってください。)

オスカー・ワイルド作品候補に「ドリアン・グレイの肖像」もあったそうだが、こちらは持っているのでホッとした。
短編集というのであればやはり、「W・H氏の肖像」がアタリだと思う。
とても面白かったし、ワイルドの「シェイクスピア熱」までがよく伝わってくる。
ごく近代に流行った手法だが、最後まで読んだ時にタイトルの意味がストンと落ちる、
というのを採用していて、耽美な世界観も相まって泣けた。
「幸福の王子」はあらすじは知っていたのですが、なんと児童向けのものの脚色のナンセンスなことか!!
生きていたら絶対ワイルド黙ってない! と思いました。
それぐらい原作は洗練されたもので、改めて読む価値あり。

まだまだ「ゲイ」「レズ」と聞くだけで、間違った妄想を抱く人は現代にも多々いる。
そういう偏見者の知的指数というのは、彼らよりうんと低く、
ストレートだが、マイノリティを知ろうとする者よりもまた、劣っていると私は感じる。
間違った自分の偏見を信じているのだから。
たとえば、「男なら誰でも標的に…!」と勘違いしている男性諸君にはこう言いたい。
「選ぶ権利は、誰にでもあり、それは平等です。」

現代のゲイカルチャーを支える人物として、ミュージシャン、脚本家、モデルと
私の好きな文化人はゲイ告白者が割と多い。 
共通して言えるのは、勤勉で、自らの理想の具現化のために自己に厳しい。
苦労してきた経験から、他人を見る目も養われている。
頑張る人には下心のない、適切な評価が出来る人が多い。
それだけに、不貞ゴシップがないのも特徴といえるかもしれない。

時代の差別者に隠蔽されてしまいそうな、飛びぬけた才能群だ。
稀有な才能の数々をこうして素晴らしい編纂で世に出してくれた方々に感謝!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示