サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍

容赦なき戦争 みんなのレビュー

  • ジョン・W.ダワー 著, 斎藤元一 訳, 猿谷要 監修
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

容赦なき戦争 太平洋戦争における人種差別

2001年9月11日以後のいまだからこそ、心して読まれるべき本

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:上野昂志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本人の間では、もう忘れられかけていると思うが、昨年9月11日にニューヨークで同時多発テロが起きたとき、アメリカのメディアや政治家は、「パール・ハーバー」を口にした。つまり、目の前に起こっている事態を、60年前の日本の真珠湾攻撃に重ねたのである。
 日本人からすれば理不尽に思われても、一国の国民的な記憶というのは、おおむねそうしたものだろう。たとえば、これが東京で起こったとしたら、日本人の間で、それを昭和20年のアメリカによる空襲や、原爆投下と重ねる言説が現れるということも十分考えられる。その意味では、国民の一人一人が戦争をどう記憶しているかということを超えて、アメリカ人にとっての真珠湾は、国民の集合的無意識のなかに生き続けているし、それは、今回のような事件に際して一挙に噴出してくるのだ。だが問題はそればかりではない。
 9月11日以降、アメリカ人の「アラブ」や「イスラーム」に対するイメージが、文明を破壊する「野蛮人」というステレオタイプ一色になったということは新聞などで報じられているが、注意すべきは、それが戦中の日本人に対するものと、呆れるほどよく似ているという点である。そのことに改めて気づかせてくれたのが、ジョン・W・ダワーの『容赦なき戦争』である。
 本書は、日本の戦後を描いて評判になった同じ著者による『敗北を抱きしめて』の前に書かれた、太平洋戦争論であるが、9.11以後を考えるためには、いま読まれるべき本であろう。本書における、歴史家ジョン・W・ダワーのもっともユニークな点は、「人種戦争」という観点から日米双方がいかに憎悪をぶつけ合ったかを詳細に分析したことである。
 たとえば、戦争中、英米を初めとする連合国側は一貫して、日本人はドイツ人より野蛮でさげすむべき存在であると主張してきた(人間以下の「黄色い猿」)。そこには明らかに白色人種による有色人種に対する差別がある。そして当然ながら、日本側にも、その逆のアメリカに対する軽侮と差別があった。しかし、もっと重要なのは、戦争が苛烈になるに従って日本もアメリカも、相手を「猿」といい、「鬼」と非難するイメージを強化するようにみずからがなっていき、互いが鏡に映すように似ていったという点である。
 9.11以後においても同じような現象が見られる。すなわち、アメリカにおける「アラブ」や「イスラーム」のイメージが、「文明の破壊者」とか「野蛮」というようにステレオタイプ化されるのに見合って、アラブ世界の側のアメリカに対するイメージも同じようにステレオタイプなものになっていくということである。そしてその応酬のなかで、両者はますます互いに似てくるのだ。その意味で、われわれはまだ20世紀半ばの戦争を引きずっているのだ。 (bk1ブックナビゲーター:上野昂志/評論家 2002.04.17)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示