サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

幻影の明治 みんなのレビュー

  • 渡辺京二 著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

幻影の明治 名もなき人びとの肖像

娯楽小説を「司馬史観」と置き換えた罪は大きい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

実に、爽快に読了した一冊だった。 
 山田風太郎の仕組まれた小説の妙味の解説には、時間を忘れてしまうほど。
 さらに、司馬遼太郎の歴史小説を一刀両断に切り捨てた事に、快哉を叫んだ。まさに、「司馬史観」などというマスコミが仕立て上げた言葉に、いかほど多くの日本人が躍ってしまったことか。
 文芸春秋出身のコメンテーターが、堂々と、講演会で乃木希典批判をするが、それは、すべて司馬遼太郎の受け売り。聞きながら、「アホか。自分の頭で考えて、調べてから言わんかい」と突っ込みをいれたくなるほど。滑稽の何物でもない内容だった。
 そんな軽薄短小の日本人を大量生産したことが、現代日本の稚拙な外交を展開する結果ともなっている。
 書き手もさることながら、読み手も、受け売りではなく、自身で考えることをしなければ。そう警鐘を鳴らす一書であると感じた。
 ただ、内村鑑三の章は、さらなる工夫があっても良かったのではと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示