サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第4週目(10/20~10/26)

電子書籍

スプーの日記 みんなのレビュー

  • なかひらまい (作・絵), STUDIO M.O.G. (監修)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

スプーと死者の森のおばあちゃん

がんばれ。スプー!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さく - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブログの頃から微妙な味のイラストにはまっていました。
時どきインキの色が変わる印刷物になって、より雰囲気がでています。
バイトくらいしかやることの無い主人公が、魔術の修行をして魂の世界に出かけてゆく。
そこは、目には見えないけれど現実の世界とつながる場所。精霊や、死んだおばあちゃんが住んでいる。
ストーリーに引き込む、といった作品ではないけど、なんか私自身の内面のモヤモヤした物に焦点があってきて、心がザワザワしてくるような不思議なお話です。
「著者コメント」を辿ってみたら、続編のブログがはじまっていました。
おばあちゃんの大切なものは見つかったみたいだけど、スプーのはまだ。スプーは何を手に入れるのだろう。続編にも期待です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スプーと死者の森のおばあちゃん

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なかひらまい - この投稿者のレビュー一覧を見る

『スプーと死者の森のおばあちゃん』の主人公スプーは、誰も知らない小さな国で、魔術師をめざして修行中だ。 スプーは、体外離脱をして、死の世界へ出かけたり、森の中にいる精霊を見たりする。 死の世界では、死んだおばあちゃんに会って、話をしたりもする。 そんなスプーの摩訶不思議な日常を、日記とイラストを交え、ブログで連載していたものを一冊にまとめたのがこの本だ。

スプーの世界で描かれている魔術師とは、精霊や魔物や神々など、心の奥にある不可視のイメージを現実のものと捕らえ、格闘する人々のことである。彼らは、死んだ者と対話をしたり、タリズマン(護符)や呪文で異世界と渡りあう。この物語はファンタジーではあるが、単なる想像の産物ではない。主人公のスプーは、精霊たちや神々など不思議世界の住人を通して、 自分自身と向かい合っているのである。

物質文明の中で溢れかえる情報という表層のフィールドから踏み込んだ、心の中の現実を、この物語を通して認識し楽しんでもらえれば、作者としては本望だ。

☆かわいいイラスト満載の、立ち読み特設ページ☆

【著者紹介】
なかひら まい
イラストレーターとして活躍。STUDIO M.O.G.でキャラクターなど、種々のデザインを担当する。共著に『スカンク アンド ヒューゴ ムービーガイド』(ぴあ)がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示