サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

ナリワイをつくる みんなのレビュー

  • 伊藤洋志 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方

もっとゆるやかに生きたい人へ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のびる - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分ができることで、しかも人の役に立つこと。生活の糧を得ながら自分の生活も充実させる仕事を作り出そう。

筆者は新しい生き方を提案しています。それは、少し前まで続いていた、より自然な生き方を見直すことでもあります。

私はこの本を読んで仕事に対する考えが少し変わりました。

同時に、ナリワイをつくり、そして続けるには、自分から行動できる働き者でなくてはいけないと思いました。その点では、勤め人より厳しいでしょう。
でも、それは世界規模の競争社会で生きる厳しさとは、全く別のものです。

読み物としても面白い本なので、興味を持った方には一読をお薦めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方

ワクワクしてくるっ♪

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Fukusuke55 - この投稿者のレビュー一覧を見る

休日の午後、自宅そばのスタバで一気読み。本当にあっという間。息もつかせぬほどの魅力満載。オビのキャッチが何とも魅力的。

--------------------------------------------------------------------

「ビジネス」でも「ワーク」でもなく、「趣味」でもない。
DIY・副業・お裾分けを駆使した「ナリワイ」で、現代社会を痛快に生きる。

ポストグローバリゼーション時代の滋味溢れる働き方
非バトルタイプのためのゆるやかな作戦

--------------------------------------------------------------------

面白いな・・・と思ったのは、銭湯は浴室の、カフェは書斎の「クラウド」利用である・・・という視点。そうそう、私にとっての週末カフェは、街なかの書斎ですもんね。著者は問いかけます。「全部自分でもつ必要があるの?」

仕事は本来自分で作り出すものであり、クライアントワークには限界がある。(そもそも、クライアント自身にリテラシーが無いことが多い)
だから、苦労の次元を変える。ナリワイ3万円×10の仕事。

人生における支出をカットすること(これをケチとは言わない!)
住居費のために働くことは間違ってる!

「プロ」ではなく、自分たちがやるからこそ、そこにストーリーが生まれる。
仕事をしながら・・・という考えは、悪くはないけれど、そこには罠がある。固定概念・価値観ができあがる。それって本当に自分たちがやりたいことだった?

世界中の人が手助けしてくれるし、独りでやっても面白くない。みんなでやればもっと楽しい。

・・・ざーっと、こんな感じですね。
30代の著者のこの考え方って、むしろ今の50代の人にビンビンと響くのではないでしょうか?
50代の人が持っている「全体感」って、むしろこの「ナリワイ」的ゆるい働き方にはとても必要だと思うのです。

本書で刺激を受けたワタクシとしては、ぜひ自分の「カフェ化」プロジェクトを発足させたいと思います。私が考えるカフェ候補は・・・
「軽いノリの社会派カフェ」
「中堅歌舞伎大好き人カフェ」
「臆面もなく歴史によりそうカフェ」
「三度の飯より本・本・本のカフェ」

考えるだけでワクワクしてくるっ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ナリワイをつくる

電子書籍ナリワイをつくる

2015/03/20 21:05

楽しくなってきます!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み進める内に、自分ならナリワイとして何ができるだろう、とワクワクした気分になりました。すべてを外注し、任せてしまうことは、実はとてももったいないことなのかもしれない、と感じられる本でした。また、それならできるかも、と思わせてくれる本でした。人に頼むことや、既製品を購入するのが当たり前だと思っているものでも、よくよく考えたら自分でできるかもしれない、という気づきがたくさんありました。とても面白い本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示