サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

OP 全商品10%OFFクーポン(~9/21)

電子書籍

希望 みんなのレビュー

  • 鎌田實 (著), 佐藤真紀 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

希望 命のメッセージ

紙の本希望 命のメッセージ

2011/12/09 08:14

「希望」。それがつまり「生きる」こと

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉が見つからない。「3.11」の衝撃。地震、津波の足跡。原発事故。それでもそこで生きる人たち。そのままの「現実」の写真が、すべてを語っています。自然の脅威に打ちのめされた跡地、そして「人為的な」戦争による悲劇を受けているイラクの写真。著者の文字によるメッセージ同様に写真が語る事実には衝撃で言葉が見つかりません。

「3.11」からは半年以上が経ちます。原発事故の影響はまだまだこれから続くのでしょうが、被災地の復興は、やや「報道」からは遠ざかりつつあります。幸いにして、たまたま偶然に、被災地でなかっただけの私たちは、何をすべきでしょうか。自分は何をしてきて、何をしていくのでしょう。実際に医療というフィールドを軸にして「協力」している著者のようにはできません。できるのは...少なくとも「あの時」を忘れないことと、被災者の方々と「希望」を持てるような世界をつくっていく、そんな気持ちで生きることでしょう。

そんなことしかできない自分が歯がゆい。その前の瞬間まで存在した学校がなくなる。町がなくなる。そして自分の周りで愛して愛された人がいなくなる。そんな状態から「希望」を持て、というのは難しいのかもしれませんが、少なくとも、前を向いて歩き始めた人たちは大勢います。自分たちはそれを「応援」することしかできない。それしかできないけれど応援していきたい。

自然の猛威と、原発という人的な事故。これらを乗り越えるのに必要なのは、タイトルにあるような「希望」です。それは本書を読み進める中で大きな、大切なキーワードとしてアタマにこびりつきました。それは生きるために必要なことでもあります。なぜ生きていくのか。そこに「希望」を見出すからです。どんな状態でも「希望」を持つこと。これが人間にとっていかに大切なことか、心から思います。

「希望」を持った人の目は顔は、ちゃんと前を向いています。そこに光があるから。進むべき道があるから。信じて進むだけ。被災者の方々にむけて何かメッセージを出せるわけではないし、自分の環境と重ねられるわけではないけれども、自分も(なんとなく失いかけていた)「希望」を、強く意識して生きていこう。本書から、生きる意味を教えられたことは多いです。


キレイごとでもなんでもなく、今自分がここにいるのは、太古から脈々と続く生命の結果。両親、その両親、そのまた...と考えていくと、ここに存在することが奇跡なのかも。だからこそ、「感謝」という気持ちも生まれる。そして、今度は「次の世代」へ。ここには「希望」が存在する。しなければならない。

何度も読み返したい。大事なものを忘れそうになった時にはいつでも。

【ことば】...未来を信じて、なげださない人たちがいた。悲しくても、つらくても、笑顔を忘れず立ちあがろうとする人たちがいる。

今回の惨劇は、自分の意識を変えるものだった。直接的な貢献ができるわけではないけれども、誰かの笑顔をつくることができるのならば、そんな生き方をしたい。たった一人でもいいから、誰かの笑顔を見たい。自分も笑顔でいたい。「希望」を持っていれば、できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示