サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

東京 五つ星の蕎麦 みんなのレビュー

  • 見田盛夫 (選)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

東京五つ星の蕎麦

紙の本東京五つ星の蕎麦

2007/01/22 17:41

「蕎麦屋」をまるごと楽しもう

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レム - この投稿者のレビュー一覧を見る

 たかが蕎麦、されど蕎麦である。
 この本は、蕎麦専門のいわゆる「おいしいお店のガイドブック」でありながら、巻頭には、砂場、更科、藪等々の由来や蕎麦に関する解説が書かれており、「蕎麦学」の知識も充実している。
 ところで、かなり以前に読んだのだが、柴田練三郎の眠狂四郎シリーズは、剣豪ものでありながら江戸情緒あふれる作品なのだが、その中で蕎麦屋の場面がいくつかあった。ある物語で、江戸に出てきた田舎者が勇気を出して蕎麦屋に入り、熱燗をちびりとやりながらぼそぼそと蕎麦をすすっていたところ、江戸っ子が見かねて「熱燗は盛をすすってからだっ」と口出しするシーンがあったのを覚えている。そのとき、蕎麦の食べ方にも作法があるのだと知らされた。
 かつて「蕎麦屋」は、いわば日本古来のショットバーであったが、現代の蕎麦屋は、もっと色々な小料理をゆっくり楽しめる場だ。この本で紹介されている店ごとに特徴のある料理からは、さり気なく蕎麦にまつわる風情までもが伝わってくる。なぜか蕎麦打ちをする方には哲学的な人も多いと聞くが、掲載されている店主の顔写真はどれも飾らない。一見の価値あるたたずまいもあり、蕎麦屋をまるごと楽しめる一冊だ。
 巻末に217件の全国名店ガイドも付いている。こういう本を探していた。☆4つ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示