サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

乙女の日本史 みんなのレビュー

  • 堀江宏樹, 滝乃みわこ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

乙女の日本史

紙の本乙女の日本史

2010/03/25 12:05

乙女目線で読む日本の歴史。興味深い、けれど読者を選ぶ?

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

発売当初から気になっていた本書。「読むべきか読まざるべきか、それが問題だ」と悩んでいたのだけれど、先に読まれた方のレビューに背中を押されて読んでみた。

本書は、これまでわたしたちの周りにあふれるオジサン観点で切られた歴史を今度は乙女視点で切ってみとうという試みらしい。この試みにあたっての著者の想いは「はじめに」に書かれているので、以下、部分抜粋して引用する。

***

さよなら「おじさん史観」。今こそ語ろう、乙女目線の日本史。
ながいあいだ、日本史というジャンルはおじさんのものでした。
そのおかげで、おじさんが新幹線の中で熱心に読んでいる歴史雑学本には「孝謙女帝は銅鏡の巨根にメロメロだった」や「直江謙続は色小姓だった」「川島芳子はレズビアン」といった、おじさんが喜びそうな、根拠のない俗説がホントのことのように書かれているわけです。
ビジネス雑誌によくある「歴史の偉人に学ぶ! デキる男の経営学」みたいな特集で書かれる「主従の絆」にもウソが多いし、そもそも男性が大好きな「デキる男」像も、女性からみたら「???」…だったり。
この本では、そういう通説とされがちな「おじさん史観」に突っ込みを入れつつ、女性の気持ちによりそって、日本史を見直すことを目的としています。 

***


本書に登場する「史実」と呼ばれるものにはこれといって目新しいものはないのだけれど、切り口が乙女視点――女性に肩入れ、とでも表現すべきか――となっていて、斬新といえば斬新かなぁ。でも斬新ではないといえば斬新ではないかも(どっちやねんっ!!!)。記憶がうまく掘り起こせないのだけれど、こういう観点は以前にもどこかで接したような気がしないでもないような…(曖昧ですみません)。

基本的にエッセイが苦手なので(ノンフィクションが好き)、読み進めるのにも苦戦した。が! 大正~昭和時代は面白かったーっ!!! それまでの読みづらさが嘘のようにあっという間に読み終えてしまった。

その違いは何か? それはおそらく…大正~昭和にリアリティ(というか、親近感が近いかな)を感るからだと思う。それは単に時代が近いから、なのかもしれないし、わたしがその時代に興味があるから、なのかもしれないけれどとにかく、大正~昭和の章がとっても楽しかった!ただひとつの難点は、大正~昭和の章のボリュームが少なすぎたことかなぁ。

と、だいたいにおいて本書を楽しみはしたのだけれど、正直なところ、乗り切れはしなかった。これまでの史観がおじさん視点だという指摘はわかった。乙女視点でもって歴史を見つめ直すという試みも理解できる。

乙女視点に偏るのが本書の趣旨なので決して間違ってはいないのだけれど、好みの問題として、乙女への肩入れ具合がわたしに合わなかったようだ。

わたしが歴史を読みたい観点は、おじさんのでも乙女のでもなく、もっと人間としての「真理」というか、「基本」的立場からなのだ。

例えば江戸時代の武士の「義」とか「忠」は、わたしには理解に苦しむことがある。

批判を承知で書くけれど、「新撰組」も簡単にいえば…人殺しの集団だ。恰好いいと言われるのもわからなくもないけれど、斬られた方はどうすればいいんだっ!と憤りを感じでしまう。もしも無実だったら?? 「切り捨て御免」だから仕方ないと? それに…規則が厳しすぎでしょう。そんなことで切腹させるのかっ! それがあなたがたの言う「侍」で「武士」で「真理」で「義」なのかっ!!!と文句をぶーぶーたれたくなってしまう。


そういうわけで…
そういった観点での歴史考察書、待ってます(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

乙女の日本史

紙の本乙女の日本史

2017/03/18 18:02

気楽に日本史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

学校での歴史の授業は歴史アレルギーを量産する気ではと思うくらいつまらないが この本は乙女にそれを目一杯楽しんでもらおうというチャレンジ精神を感じます。そんなに上手くはいってないが 心意気は買います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示