サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

KADOKAWA コミック・ライトノベル最大50倍(~11/22)

電子書籍

首相列伝-伊藤博文から小泉純一郎まで- みんなのレビュー

  • 宇治敏彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

首相列伝 伊藤博文から小泉純一郎まで

2001/10/14朝刊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一八八五年(明治十八年)の内閣制度発足以来、伊藤博文から小泉純一郎まで、首相に就任した五十六人の政治家について、人物像と業績・功罪を述べた解説書である。巧まずして、一国のトップリーダーはいかにあるべきかを考えさせる政治指導者論になっている。
 戦前・戦後を通じて、われわれは結構しっかりした指導者を持っていたことが分かる。戦前では伊藤や山県有朋は強力なリーダーシップを発揮し、原敬や浜口雄幸は政党政治家として傑出していたと言っていい。戦後も吉田茂、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、中曽根康弘といったところは論じるに足る存在だ。
 小泉首相が歴史上どのように評価されるかは、まさにこれからだが、果たして昨今の宰相はどうだろうか。経済だけでなく政治指導者の世界も、二十世紀の最後の十年が「失われた十年」になっていないだろうか。
 五・一五事件で政党政治が終焉(しゅうえん)、二・二六事件をへて敗戦に向け、ひた走った当時の首相と、九〇年代の首相は歴史の相似形になっている——本書を読むといや応なくそんな感想を抱かざるを得なくなるところがある。
 執筆陣は編者のほか、金指正雄、北村公彦、小西〓應、富田信男各氏のジャーナリストや政治学者で、論文ではなくエピソード中心の平易な記述となっている。歴代内閣の閣僚や年表も親切で、各首相ごとのコラムやエピソードは興味深く、資料としても価値がある。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示