サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

電子書籍

妻の恋 たとえ不倫と呼ばれても みんなのレビュー

  • 大畑太郎 (著), 川上澄江 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

妻の恋 たとえ不倫と呼ばれても

不倫じゃなくて「恋」。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さやか - この投稿者のレビュー一覧を見る

「負け犬」の一人として結婚にあこがれていたので、素敵な夫がいるのに恋をするってどういうこと!?という好奇心から読み始めました。
読み終わって、人ってそんなに簡単に「幸せ」にはなれないよなぁ…と切なくなりました。
不倫じゃなくて「恋」と呼ぶ意味が、ちょっとわかった気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示