サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

ウルトラマンがいた時代 みんなのレビュー

  • 小谷野敦(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ウルトラマンがいた時代

紙の本ウルトラマンがいた時代

2013/06/23 14:22

自分史とウルトラマン

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前、「ウルトラマン」や「ゴジラ」を、放映当時の時代背景を読み解くキーワードとして論評する「怪獣本」が流行りました。私も数冊読みましたが、子供向けの番組に、深遠な意味を本当に含ませたのか疑問を感じましたし、とにかく、こじつけた筋立てで、つまらない本でした。
 「本書では、そういう論じ方へのアンチテーゼとして『ウルトラマン』を論じたつもりである」ということで、こうした「怪獣本」を強烈に批判しています(193ページ)。そして、ウルトラマンを自分史の一部として語る手法を取ったわけです。この試みが、思った以上にハマっています。
 小谷野氏の自分史には全く興味はありません。しかし本書を読み進めていくうちに、不思議と自分の子供の頃と重ね合わせ、懐かしく読むことができました。あの頃は、当然スマホや携帯ゲームはなく、テレビが最大の娯楽という時代です。私は、ウルトラマンをはじめとした「特撮もの」に胸を躍らせたものです。同時代(1960年代生まれ)の方は、程度の差はあるでしょうが、みんな同じような感覚ではないでしょうか。

 本筋からはそれますが、当時の小谷野氏は大型スーパーマーケットと百貨店との違いが判らなかったとのこと(128ページ)。私も全く同じ感覚でしたので、親近感を覚えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示