サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

葉室麟 洛中洛外をゆく。 みんなのレビュー

  • 葉室麟, 洛中洛外編集部
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本葉室麟 洛中洛外をゆく。

2018/08/03 07:08

死もまた、良しと葉室麟さんは語ったけれど

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の帯に「死もまた、良し」とあります。
 これは昨年12月に急逝した作家葉室麟さんがインタビューの中で口にした言葉です。
 その時、葉室さんがどこまで自身の死を自覚していたのかはわかりませんが、この本に収められたインタビューにこうあります。
 人は、それなりに働いて、最期に成仏していくその過程の果てに「死」があると、葉室さんは言います。つまり、死ぬということは生きてきた証で、自分自身が「ちゃんと生きてきた」と言えるのであれば、「死もまた、良し」だと。
 それでも葉室さんの66歳という年齢でのお別れはまだ若すぎたと、今でも思います。

 この本はタイトルでもわかるように、葉室さんが愛し、一時は住処ともした京都を舞台とした3つの作品を、その舞台と背景と、その作品に込めた葉室さんの思いを、インタビューや京都の名所案内も交えながら、紹介したものです。
 3つの作品は『乾山晩愁』『墨龍賦』『孤篷のひと』で、芸術家の生涯を描いたものになっています。順に尾形光琳・乾山、海北友松、小堀遠州です。
 葉室さんがこのような芸術家を描く時、自身の創作への思いが投影されていると感じることが多くあります。
 また、本作の中のインタビューでも、そのようなことを話されています。

 葉室さんは海北友松の思いに寄せて、こう語っています。
 「見えているものがあるならば、書いて書いて、書き通したい。でないと自分は決して納得がいかないだろう」
 そこまでの思いで書き続けてきたからこそ、葉室麟さんの作品の熱にうたれるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本葉室麟 洛中洛外をゆく。

2018/08/05 20:38

作品とリンク

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

葉室さんによる京都案内。
小説と実際の場所と作品がリンクして、作品を思い出しながら楽しめます。
自らの使命に忠実に生きていた歴史上の人物たちのように、使命を全うされた葉室さんの姿が垣間見える気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本葉室麟 洛中洛外をゆく。

2018/07/23 17:25

解説+京都案内

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみしょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

尾形乾山、海北友松、小堀遠州 への 葉室麟さんの想いから 彼らの魅力が伝わり その人生論にも惹かれました。
また 彼らの残した遺産を 洛中洛外で案内していて、京都歩きに新たな楽しみも増えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。