サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

「人の世界」と「物の世界」 みんなのレビュー

  • 出光佐三 (著), 出光興産人事部 (編)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

「人の世界」と「物の世界」

紙の本「人の世界」と「物の世界」

2016/04/20 12:28

ザ・日本人オブ日本人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暴れ熊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

百田尚樹氏の『海賊とよばれた男』を読んで、出光佐三という人に興味を持って購入した。インタビュー形式である。読んでみて、出光佐三こそは日本人の中の日本人だと思った。皇室を敬う心がまずある。皇室が中心であるとはっきり言っている。日本は「人の世界」であり、それに対して外国は「物の世界」であるという。資本主義も社会主義も共産主義もみな、物の世界の論理である。出光氏は実にはっきりとわかっておられたのだ。

出光氏が言っておられたのは「黄金の奴隷になるな」ということ。カネのためなら嘘をついても人をだましても平気なのが昔の商人だったという。出光氏はこれとまったく逆を行った。

出光氏がもし今の日本を見たら、何と思うだろうか。

「労働の切り売り」は当たり前のことになり、社員よりも株主の方を見て経営する企業が普通になってきた。社内公用語を英語にして日本の文化を捨てる企業すらある。出光氏の理想とは全く逆の流れになっている。時代の流れだと言って諦めるしかないのだろうか。

「自社の利益よりも世のため人のため、國のため」という理念を持つ企業よ、出でよ、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示