サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

勇者と探偵のゲーム みんなのレビュー

  • 著者:大樹 連司, イラスト:鬼頭 莫宏
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

勇者と探偵のゲーム

勇者と探偵のゲーム

2011/03/06 15:36

描かれる物語の外側に面白さがある

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 21世紀後半、首都圏の地方都市に日本問題象徴介入改変装置が建設された。この装置のおかげで、日本に関する問題が一夜で解決されるようになり、日本は世界の中で復権することが出来たが、代わりに、この街を平和を乱す存在と密室殺人が満たすようになった。そしてこれらの、日本の問題を象徴する事件を勇者・疾風寺舞や探偵・万陀院恋が解決することで、日本の問題が解決される。
 そんな非日常が日常となった街で暮らす人々は酷く退屈している。どんな非常識な事件が起きても、被害者として物語に組み込まれた人々以外が傷つくことはない。ベーシック・インカムが制度化され、補償金までもらえるため、生活のために働く必要がない。だから街にはパチンコ屋がいっぱいだ。

 そんな街にある高校で、一人の少女が事故死する。全くどんな日本問題も象徴しない、ただの事故死だ。クラスメイトの一部は、彼女の死を意味あるものにするため、ただの事故死を邪教教団による生け贄の結果と偽装する。勇者を騙して物語とし、過去を改変して彼女の死の真実を書き換えるのだ。
 ぼくは彼女と最後に交わした言葉を胸に、そんな改変を望むクラスメイトと近づいたり離れたりしながら、彼女の死の真相を解き明かしてくれる探偵の来訪を待つ。

 読後、プロローグとエピローグの関係を考えてみると面白い。あるいは別の死の真相を想像してみると空恐ろしい。描かれる物語の外側に面白さがある性質の本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示