サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

野獣騎士の暴走求愛(18禁的な意味で)からの逃げ方 みんなのレビュー

  • 著者:イナテ, イラスト:うさ銀太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍

野獣騎士の暴走求愛(18禁的な意味で)からの逃げ方

人を選びますが、面白いです。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くないとは言いません。
いや、面白かったです。
最後まで読んだので。

ストーリーは、一途に姫を想う騎士が、やっと姫との結婚を認めてもらえ、一生懸命姫に迫っていく・・・のを受け止める姫の話です。
全編ほとんど、がっつがつのエロです。
ですが、騎士、グランの一途さはあきれるほどですし、姫のツンデレさ加減も可愛いですし、彼女が恋に落ちていく瞬間なんかも楽しめて、なかなか楽しいです。
読めるかどうか、人を選ぶのは、文体と言うか。
ネットスラング、巷にあふれるメディアの中の作品のパロディ的表現があふれ、小説というよりは、文字を媒体とした新しいメディアなんでしょうね。
ネットの巨大掲示板でやりとりされるような言葉そのままで、ストーリーを進行していく。
むしろ見事な手法だとも思うほどですが。

1000円近い金額を出して買うものかどうか、というところは、価値観の分かれるところでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

野獣騎士の暴走求愛(18禁的な意味で)からの逃げ方

95%致しております

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暗黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

こ絵師さんのファンであるものの、前レビューを読んで不安に思ったので、多分ネット小説であげてるだろうこのレーベルなら。と検索し、ビンゴ。自分は大丈夫と思い購入しました。

この本の95%は致しているシーンです。めくってもめくっても致しております。擬音と喘ぎ声と、ヒロインの心の突っ込みのオンパレードです。通常の本では、あのシーン好きだなあ、どこだったかしら・・と、探せますが、この本ではそれは難しい。
世界観が、中世のヨーロッパのようなんだけど、ヒロインの王女さまが、常に心の中でしている突っ込みが、日本の現代っこのそれで、さっぱりわかりません。と言うより、本当に大国の王女さまなの?と、何度思った事か。パソコンもテレビも出てこないのに、突っ込む口調が現代日本風。てか、いつ頃書いたかもろわかり。

只、これだけは保証しておきます。
ヒロインはヒーローに、溺愛されています。疑う余地ない位。濃ゆ〜く。

上記に書いた世界観お疑問を、横にムギュッと押し込んで読める方なら大丈夫。

因みに私は溺愛ものが 大好物なので、この話嫌いじゃありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

野獣騎士の暴走求愛(18禁的な意味で)からの逃げ方: 2

次回作はグレン視点で希望。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

ん、楽しかった。
でも2作目になると少々キツさを感じてしまいますね。

前作では、暴走求愛騎士グレンの姫好き好き攻撃に追い込まれ、恋に落ち、愛を受け入れていく姫の様子を楽しめましたが、今作では、猛獣使いになろうと奮闘しつつも、グレンの愛の激流に押し流されていく姫の様子が楽しめます。
でも最後は、そうきたか、という感じで、愛って偉大だな、と思ってしまいました。
ある意味、やっぱりこれは姫の成長物語でもあって、その辺が、だだのエロばっかゴリゴリ小説に終わらない良さだと思います。
後書きを読むぶんには、まだ続きがありそうで…

でもこの文体は1年に1本でいいなぁ。
こればっかりだとちょっとしんどいです。
読んでいて、グレン視点で語ってもらえないかなぁっと思ったりもしました。
かゆ…うま…ばりに、ひ、め…しか言わないグレンですが、彼の頭の中で、姫はどういう風に映ってるのか、めくるめくエロはどう展開されているのか、ぜひ読んでみたいです。
次回作はグレン視点で希望。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

野獣騎士の暴走求愛〈18禁的な意味で〉からの逃げ方

読みつらい

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

WEBならありだろうけど、紙媒体だと読み辛い。
ストーリーは面白いはずなのに、あまりの句読点の多さなどに読む気が半減。

小説だけど、小説とは思えない本でした。

次に期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示