サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

電子書籍

私の大嫌いな王子さま みんなのレビュー

  • 著者:木下 杏, イラスト:ワカツキ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍

私の大嫌いな王子さま

電子書籍私の大嫌いな王子さま

2017/06/27 12:18

私も言いたい!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろじろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

続きますよね?
読み進めていくうちにこれ結構好きだなーと思ってたのに・・
唐突な幕切れ・・?まさか終わってないですよね?
これで完結なら私も暴れますよ笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

私の大嫌いな王子さま: 2

電子書籍私の大嫌いな王子さま: 2

2017/08/26 00:09

面白く読み終えられて良かった。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

良かった、2巻があって。
そして、きちんと2巻で決着がついています。

生い立ちから人を信じることができないルシアだったが、フリッツと心を通わせる日々が続くうち、彼を愛してしまったことに気づく。
フリッツもルシアへの愛をまっすぐに告げてくるが、政略上、新しい妾妃を後宮に入れることになり、それが原因で、二人の間に亀裂が入る展開に…

意外な展開、劇的な結末などはありませんでしたが、伏線の全てを回収し、二人の気持ちに決着をつけて、きれいに終わったと思います。
Web発のものは、ダラダラどこまで続くのかわからないなー、という展開のものが多くて困惑気味ですが、このお話は、ちゃんと2巻構成だったんですね。
上下巻で間を置かず出してくれたら良かったのにな。
どうしても、ロマンスものは、時間的な間が空くと、気持ちが一度冷めてるので、間延びしちゃうんですよね。
その点が、ちょっとマイナスになったかもしれません。
作者様の癖だと思いますが、文の密度が高くて、時々情報量を怒濤のように詰め込んでこられます。
状況説明の時だけならまだ良いのですが、ロマンスを語るときも、その癖が出るので、そこはもうちょっと、余白を楽しむゆとりを持たせてくれたらな、と思いました。
エロの表現もとってもお上手だと思います。
やっぱり、文の密度が高いんですけどね。
でも、実は私は嫌いじゃないです、そゆのも。

人の顔色をうかがい、本当の気持ちを外に出すことがないルシアが、フリッツを愛し、少しずつ自分を変えようと前向きに動いていく過程に、心動かされます。
この手の隠しテーマを持っているものは、もっと深いところだったり、大上段に振りかぶりがちになるものもあって、ちょっと食傷気味になってしまうものもありますが、このお話は、あくまでもルシアの恋情に焦点をあてていて、フリッツを愛することができるようになり、心を開き、信頼と、関係を築くことができるようになるところで、きれいに落ち着けています。
ルシアが、本当の意味で心を開ける人になるかどうかは、これからの物語になるのでしょうし、それを予感させながら、きちんと綺麗にこのお話は幕を引いています。

正直、ルシアはヒストリカルのヒロインというより、現代の女の子の雰囲気を醸し出していて、その点、ヒストリカルの味わいとして、物足りなかったかなと思います。
そこはちょっと惜しいかな。

でも、最終的に、面白かったな、と読み終えることができたので、良かったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

私の大嫌いな王子さま

電子書籍私の大嫌いな王子さま

2017/06/04 13:28

続き…ますよね?

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

続きありますよね。
でないと暴れるよ! くらいの終わり方でした。

妾妃の娘として冷遇されて育ったルシアは、和平協定のため、隣国の大国レガ-リアの王子フリッツに嫁いだ。
幼い頃から、正妃に虐められて心を病んで死んだ母を反面教師とし、正妃の子である兄達にも貶められて育ったため、自分の心に蓋をして、相手の望むように振る舞うことに長けてしまったルシア。
嫁いでからも、淑やかで理想的な王太子妃の仮面を被り、夫フリッツに対しても、決して自分の素顔を見せようとしなかった。
フリッツもフリッツで、教科書的な閨での行為も含め、妻に対しても王太子の仮面を外そうとしない。
しかしある事件をきっかけに、膠着した関係を打破したいと望んだフリッツは、ルシアの仮面を外そうと行動を起こす。
それは、閨での無理矢理な行為を、本当は女性も望んでいるものだとの悪友からの助言を実行するもので…

正直、序盤詰め込んだ情報量はかなりのもので、うおー、この調子がずっと続くのは苦痛、もうちょっと続くなら放棄しよう、と思ったくらい、序盤は読むのがしんどかった。
文章が下手というわけではないのです。
序盤詰め込んだ設定説明のための情報量を、どこかで分散させてエピソードに絡めて小出しにして欲しかった。
1巻完結にしないのであれば、それがができたはず…と思うのは、読み終わったからですね。
物語が動き出してからは、それまでのしんどさ、読みづらさが嘘のように、ぐんぐん引き込まれました。
ルシアもちょっと言葉遣いが乱れすぎだとは思いましたが、しっかりしたバックボーンを持った共感も持てるヒロインで、なかなか可愛かった。
時々ヒーロー視点も入りますが、主に進行はヒロイン視点。
まだフリッツの真意に対しては、読者としてもちょっと心から信頼できない部分が残ってるかな。
その辺も、もしかしたら作者様の狙い?
物語の進行は、まず序盤伏線をたくさん巻いて、事件が起きそうねーということを匂わせておきながら、それについては途中でほったらかされ、夫婦の関係についてのエピソードが紡がれていきます。
結婚してしまってから、お互い恋を育んでいく。
それは主にベッドとか、お風呂とか、いろんな所で展開されるシーンに代表されるもので、それもとっても楽しくてときめくシーンシーンで、きゅんときたのですが、置き去りにされた伏線の数々が気になってたまりません。

だから、続刊ないと暴れるよー。
★4つは、続刊があると考えての★です。

それから、82.2%の位置にある誤植を直してくださーい。
切羽詰まったどきどききゅんなシーンのまっただ中で、ヒーローがズポンの前をくつろげた日にゃ、その瞬間盛大な笑いの止まらないギャグシーンにまっしぐらです。
お願いしますね、もう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私の大嫌いな王子さま

紙の本私の大嫌いな王子さま

2017/02/27 08:27

え、ここで終わり!?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:烏賊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

Web版から好きでずっと更新を追いかけていたので、書籍化の御祝儀で購入したのですが、伏線がまるで回収できてきない中途半端な内容に拍子抜けしました。ふたりのすれ違いの原因が明らかにされていないし、これって2巻があるんですよね!?
2巻が出たら多分また買うけど、お願いだから、辞書か!?と思うほど分厚いのはやめてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示