サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

電子書籍

定跡道場 先手四間VS早仕掛け みんなのレビュー

  • 所司和晴
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

定跡道場 先手四間VS早仕掛け

帰ってきた東大将棋

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ココちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「定跡伝道師」の異名をとる所司和晴七段の東大将棋シリーズが帰ってきました。
第一弾は▲四間飛車VS△6五歩早仕掛けです。

東大将棋シリーズの売りは、ひとつの戦型に絞り更には開始の基本図も限定することで、
たくさんの変化手順を載せていることが挙げられます。
本書で言えば「早仕掛け」に絞りさらに4一金型に限定するという具合です。

もちろん適当に4二金型を省いているのではありません(笑)。
△4二金を指すとその分先手にも▲3七桂と指されて、将来▲4五桂と跳ねられてしまう欠点があります。
本書では4五に桂を打って反撃する手順が紹介されているくらいで、
桂跳ねで済まされるのは損が大きいでしょう、というわけです。
他にもメリット・デメリットはありますがそれは読んでのお楽しみ、詳しく解説されています。

四間飛車VS急戦の本はたくさん出ていますが先手居飛車急戦が多く、
先手四間飛車に対する後手居飛車急戦の本は少ないです。
「一手遅れているので損なようですが、そうともいえない面があります」と所司七段。
本書でも双方が秘術を尽くした攻防が紹介されます。
詰む、詰まないの終盤まで踏み込んだ手順もありますので勉強になります。

ちなみに基本手順として扱われているのは、△6六歩▲同銀△6五歩▲同銀の仕掛けに、
△同桂▲同飛△7七角成▲同桂に△8七角からの押さえ込みです。
この手を中心に解説した本はあまりなかったと思います。

前シリーズ同様、ひたすら定跡を紹介した初心者お断りの本です。
それでも解説が丁寧になり、ちょっとわかりやすくなった気もします。
対象を決め打ちした本ですから、四間飛車命な方には文句なしにオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示