サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

①1月度:コミック ポイント最大50倍(~1/18)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フィルムカメラの楽しみ方 カメラの知識、撮影から現像・引き伸ばしまで

メカメカしさが新しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

押し入れからアンティークと呼んで良いような古典的カメラと付属品が出てきたけれど、目盛りは沢山あるし側面に数字が書いてある(何の数字?)しで、使い方がわからない…それにそもそもそのカメラに入れるべきフィルムはまだ生産されているのか?!
困ったときの本頼み、で開いてみると、フィルムはまだ生産されていてカメラの種類や色の好みに合わせて選べるし、目盛りの合わせ方(自動照準ではないため)も手引きがあり、他の機材(引き伸ばし機や2つレンズがあるカメラや現像の道具)の使い方まで紹介されていて、ああ、これはこのように使うものだったのかと初めて分かりました。
カメラや付属の道具類が再び活躍しそうです。ありがとうございます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する